時の人時が過ぎればただの人

先日、博多駅で『先生、後姿を見たので追いかけてきました』と男性から声を

掛けられました。

よく見るとキャップをかぶっていましたがソフトバンクの往年の

4番バッターでした。

『おう、久しぶりやねえ、元気やった?今どこに住んどると・・・』

数分間の事でしたが久しぶりに立ち話をして握手で別れました。

そして彼は普通に駅の雑踏の中に消えて行きました。

沢山の人がいる中、誰も気づく様子はありませんでした。

現役の頃なら、とても博多駅の中など歩けなかった事でしょう。

こんな時、彼らはどんな思いで雑踏を駆け抜けるのだろうか???

折しもソフトバンクが日本一を目指している時でした。

 

『時の人、時が過ぎればただの人』

 

こんな言葉が浮かんできました。

若い時代華やかな世界に身を置けば置くほど悲哀を感じるのかなあと

現役を離れ一回り小さくなった彼の背中を見送りながら人生の縮図を

見るようでした。

 

ふっと我に帰りました。

彼と最初に会ったのは26年前の事です。

大学を出て福岡の球団に入団した彼、その時、私は44歳でした。

気がつくと後3ヶ月で71歳になります。

先月風邪をひいて1ヶ月苦しみました。

食欲もなくなり昨日体重を測ったら66キロあったのが60キロに

なっていました。

数年前にはこんな事はなかったです。

体力がなくなり、これが歳を取るという事かと愕然としました。

と同時に後何年続ける事が出来るか考えるようになりました。

ネガティブだという声が聞こえてきますが、そんな問題ではありません。

もっと現実を直視しなければなりません。

 

今まで病に苦しんでいるたくさんの人に無差別に手を差し伸べてきました。

そしてたくさんの人を救ってきました。

しかし、その反面不快な思いもたくさんしてきました。

もう、この辺で立ち止まって、もっと自分を大切にしようと思いました。

教室はこれまで通り続けますがヒーリングを制限する事にしました。

今後ヒーリングの対象は空の会の会員さんを対象とし、そのご家族までと

致します。

会員さんの友人に関しては会員さんが責任を持ってご紹介いただくと

いう場合に限ります。

又、ご紹介のないものは全てお断りする事にしました。

 

目的は、あらゆるトラブルを回避するためです。

決してもったいぶってるのではありません。

あまりに不愉快な事や理不尽な事が多すぎるからです。

これらをご理解いただいた上でヒーリングを行いたいと思っています。

 

今週、金曜日は名古屋教室、土曜日は東京教室、日曜日は東京特選会です。

老骨に鞭うって臨みたいと思っています。

メニュー
浦田紘司著書
気の極意
気の極意

「気」を自在に使いこなす
「気」を自在に使いこなす
過去の記事