気は出せば入ってくる!

26日の福岡教室で今月の教室は全て終わりました。

そして来月の教室で平成30年の教室は終了です。

 

教室は長いところで、かれこれ30年になります。

思えば良きにしろ悪しきにしろ色んな事がありました。

嬉しかった事、悲しかった事、辛かった事など、過去の色んな思い出が

走馬灯のように脳裏を駆け巡ります。

 

40歳で家を建て剣道の先生方を10人ほど我が家にお招きいたしました。

平成元年の事です。あれから30年の月日が流れました。

そして、今は皆さん他界され、どなたもいなくなってしまいました。

その時に来られた先生方は当時、今の私と同年代だったと思います。

10畳の座敷に座って、その頃の事を思い出すと一人一人の顔が浮かんでは

消え皆さんの顔を思い浮かべると当時の思い出が胸いっぱいに膨らみ

懐かしさや寂しさがこみ上げてきてまぶたが熱くなってきます。

昔の同級生など会う事もなく心に隙間風が吹く日々です。

これが歳をとるという事かと一人寂しさを募らせています。

 

しかし私は歳をとっても教室の皆さんに支えられ充実した毎日を

送らせていただき至福感で満たされた時間を過ごさせていただく事が

有り難く心からお礼申し上げたいと思います。

本当に有難うございます。

 

18日は東京で実技講習会を行いました。

28名の参加者で大いに盛り上がり、あっという間に2時間が

過ぎてしまいました。

今回も病気になる前の体に戻すという年齢退行がメインでした。

これは画期的な手法で素晴らしい結果が出ますが、その反面大きな

リスクも伴います。

次回の開催を希望されるか皆さんに聞いてみたところ全員希望されたので

来年3月くらいに実施しようかと思っています。

又、これ以上参加者を増やす予定はないので空の会の教室での募集は

致しません。

 

23日に久しぶりに熊本で無料体験会を行いました。

たくさんの参加者で熱気に包まれた体験会でした。

参加者の一人が尿管結石の為ずっと腰が痛いと言うので腰に気を送ったら

瞬時に痛みが取れました。

そして2日後の熊本教室の時、尿管結石の人を連れてきた生徒さんからの

報告で、あの後、腰の痛みがすっかりなくなり結石も出たようだと報告が

ありました。

このように気が出れば色んな感動を味わうことが出来ます。

しかし水道の蛇口から水がしたたる位の気では感動の結果を味わう事は

出来ません。

いつも言うように消防の放水銃のような気が出なければなりません。

電車に乗るためには満員の乗客が出なければ乗れないのです。

つまり気は出せば入ってくるのです。

教室でいつも実演を行いますが相手の指に触れるか触れないかぐらいでも

相手は吹っ飛んでいきます。

もっともっと気が出せるように精進しましょう。

 

福岡教室では若い女性が首に触られると、くすぐったくて鳥肌が

立つので困ると言うので目をつぶって私の前に立って下さいと

言って10秒ほど立ってもらいました。

そして目を開けてもらって他の人に彼女の首に触ってもらいましたが

くすぐったさは全く感じなくなりびっくりしていました。

彼女が、いったい何があったのですかと言うのでくすぐったいスイッチを

オフにしたんですよと言ったら訳が分からず狐につままれたような

顔をしていました。

勿論何も声かけはせず頭の中に入ってスイッチを切り替えただけです。

 

このようなやり方をもっと具体的に教えて欲しいと教室で言われますが

スイカの味やメロンの味を言葉で言えないように言葉では伝える事は

出来ません。

つまり私の一挙手一投足を盗むのです。

言葉の強弱、間の取り方など真似をするのです。

 

空の会では気を出す方法と相手の脳に入り込む方法の二本立てです。

理論や理屈、型など一切ありません。

あるのは結果のみです。

そして誰でも習得出来るのです。

 

教室ではブログで書けないような事をたくさん学んでいます。

 

熊本での体験会の翌日温泉と川下りで有名な人吉に行ってきました。

観光列車のやませみ、かわせみという豪華な列車に乗りました。

八代までは鹿児島本線ですが八代からは肥薩線というローカル線に変わります。

 

豪華な列車でしたが電化がされてなくディーゼルでした。

 

豪華列車の車内です。

川下りで有名な球磨川です、この日は渇水の為川下りはお休みとの事でした。

メニュー
浦田紘司著書
気の極意
気の極意

「気」を自在に使いこなす
「気」を自在に使いこなす
過去の記事