生者必滅会者定離

  • 先週、大型で強い台風が2個、九州を直撃しました。

家を建てて33年になりますが、初めて雨戸を閉めました。

ガレージの屋根が飛んだり色々ありましたが命だけは無事でした。

最近テレビで命の危険を守るという表現をする事が多くなりました。

毎年、冬までに30個近い台風が来ますが今年はまだ10個です。

はてさて、今年はどうなることやら???

 

大型で強い台風10号の風の音を聞きながら座敷に座って昔の事を

思い浮かべました。

10畳の座敷は変わらず昔のままです。

思えば33年前、念願の自宅を新築し、地元の剣道の重鎮を10名ほど

お招きして宴を開きました。

重鎮の先生方は70代から80代、全員、剣道7段です。

その頃、私は40歳、まだ駆け出しでただ一人6段でした。

全員、侍です。

こんな曲が頭に浮かんできました。

 

『春高楼の花の宴、巡る盃、影さして・・・』

 

滝廉太郎の荒城の月です。

 

思えば、あれから33年の月日が流れ、あの時の侍は、もう誰一人この世には

いません。

今現在あの場にいたのは私一人だけです。

そして私も、あの時の先生方と同じ年代になりました。

誰もいない座敷に一人座って昔の事を思い浮かべると、まるで昨日の

ような気がして熱いものがこみ上げてきました。

 

さて一昨日は東京教室でした。

このコロナの真っただ中でも関係なくたくさんの方が出席してくれました。

前々回くらいから気の出力を10倍、20倍にするという実験を

行っていますが皆さんの反応の良さには驚愕致しました。

気のレベルアップに伴い人格、顔の表情まで変化していき驚きの連続です。

 

しかし、これはブログでは、お伝えするのが困難です。

いずれにしても、詳しくは教室でお話いたします。

 

近くに、こんな地区があり以前から、どんな場所なのか気になっています。

 

灯台元暮らし車で1時間程の所にレトロな駅舎を見つけました。

 

 

メニュー
浦田紘司著書
気の極意
気の極意

「気」を自在に使いこなす
「気」を自在に使いこなす
過去の記事