幸せ

満開の桜や、色づく山の紅葉を、この先いったい何度見る事に

なるだろう

ひとつひとつ 人生の扉を開けては感じる、その重さ

ひとりひとり 愛する人たちのために生きてゆきたい

 

長い旅路の果てに 輝く何かが誰にでもあるさ

 

これは、ある歌の歌詞です

 

毎年、春になって京都、鴨川のほとりで満開の桜を愛でながら

一献いただくのですが、いつもその時に思うのは

『ああー、今年も満開の桜を見ることが出来て良かった、さて後何回

見る事ができるかなあ』

 

若い時は思ってもみなかった事です。

これから寒い冬に向かい、それが過ぎると又、春が訪れます。

 

72年の人生で戦争も経験せず飢餓に苦しむ事もなく幸せな人生でした。

今年は新型コロナと言う、降ってわいたような禍に直面しました。

 

しかし、そんな中でも『空の会』という素晴らしい人たちに出会い

私は本当に幸せを味わっています。

 

こうして机に向かい教室のお一人お一人のお顔を思い浮かべながら

文章を書いています。来週は京都教室、その次は福岡教室です。

 

毎日、皆さんの健康を祈っています。

 

いつも、こんな心境でいたいものです。

老後の生き方

几帳面という生き方。

 

私の友人にあまり約束を守らないアバウトな人が何人かいます。

そして彼らは約束を守らない事に申し訳ないという自責の念など

あまり感じません。

いつもあっけらかんとしています。

勿論いい人であり私の好きな友人達です。

 

私はというと今までの人生を振り返ってみると1+1­=2  3+3=6

という人生を歩いてきました。

人と待ち合わせをしても待たせたことなど一度もありません。

しかし考えてみると果たして、その生き方が良かったのか最近自問自答しています。

自分に厳しいという事は相手にも厳しさを求めるという負の部分があり

言い換えてみれば面倒くさい人間なのです。

今までの人生を振り返ってみると本当に窮屈な人生でした。

40年近くホテルに宿泊してきましたがホテルに忘れ物を

した事などありません。

こういう生き方が認知症になるタイプだそうです。

漫画家の蛭子能収さんが認知症の初期だとテレビの番組で

やっていました。

私と同じ72歳です。

どう見ても几帳面な性格とはとは言い難い気がしますが

本当のところはどうなんでしょうか???

 

前出の友人たちのタイプは自分がアバウトな代わりに人に対しても

ゆるゆるな接し方なので一緒にいても大変楽な人達なのです。

自分が大らかな生き方なので他人に対しても大らかなのです。

こんな生き方が出来たらどんなに楽かなあと考えてしまいます。

 

沖縄の県民性に『なんくるないさー』という言葉があります。

 

つまり大らかなのです。

しかし、裏を返せばいい加減なのです。

 

果たしてどちらがいいのか分からなくなってきました。

 

いつも事務局のスタッフから『みんなブログ待ってますよ』とせかされると

本当は強制ではないけど書かなきゃと自分自身を追いつめてしまいます。

 

東京弁に『良いんだか、悪いんだか』という言葉がありますが

まさに、その通りです。

 

自宅にこもってると考える事がないので、こんな事を思いながら

一日が過ぎていきます。

 

今日はテレビで、おせちの予約をやっていました。

後三ヶ月で正月です。

 

『門松は冥土の旅の一里塚』

 

いつも暮れが近づくと、この言葉が頭に浮かびます。

 

 

2~3日前、朝玄関を開けるとお客さんが来ていました。

クワガタムシです。

こんな所にいたら踏まれるぞと庭の植木の中にはなしてやりました。

しかし不思議な事に翌朝、又二階の窓の網戸にへばりついていました。

よくみると前日のクワガタよりひとまわり小さく兄弟かなあと

思いました。

写真を撮るからじっとしてろと言ったらシャッターをきるまで

じっとしていました。

田舎の昆虫は真面目です。

 

初日

二日目

後悔と言う引き出し

新型コロナも何となく落ち着きを取り戻した感があります。

今年の3月、4月頃は未知のウイルスとの遭遇に右往左往していました。

特に特効薬やワクチンがないので皆さんが不安を感じていたようです。

しかし最近ではマスク、手洗いを励行してウイルスに立ち向かって

おられ、このままゆっくりと収束に向かう事を祈るばかりです。

 

連休の日曜日京都駅から新幹線に乗りましたが凄い人出で驚きました。

又、博多駅も沢山の若者たちでごった返していました。

さて、この人出で連休明けの感染者数が増加しない事を願っています。

 

最近は出力アップを希望される方が多いのですが受け入れ側がどのような状態か

そこが問題です。

例えば今現在小学校2年生レベルの方が中学生レベルの教科書を希望されても

それを手にした時、理解できないでは意味がありません。

気の世界でも同じ事が言えます。

何度も言うように軽自動車のボディーにクラウンと同等のエンジンを乗せるのと

同じ事です。

 

つまり小さなボディーに大きなエンジンを搭載してボディーが耐えうるか

どうかです。

勿論、エンジンの積み替えが自覚出来なければ意味がありません。

先日の東京教室では二人の方が50倍を獲得されました。

そのように実際に体験された方に話を聞くのが一番早道だと思います。

 

いつもBS放送で昔の映画を見るのが好きで先日も石原裕次郎さんの

映画を見ました。

 

結婚式のシーンでデコレーションケーキが映ってましたが、1960年

私が12歳,ちょうど60年前です。

ベンツもかなり年代物でした。

夕食の時一人でテレビを相手にビールを飲みながら昔の事を思い浮かべます。

楽しかった事はあまり浮かびません。

失敗した事や後悔ばかりが浮かびます。

あの時、あんな事を言わなければよかった、あんな事をしなければ

よかったとか何十年も前の事が、ふっと脳裏をよぎります。

最近HSPという性格の事がテレビで報じていました。

つまり繊細な性格が強いと周囲の顔色をうかがってしまって

人の言動を必要以上に気にして傷つきやすかったり落ちこんでしまう

性格の事で100人中24人がそれだと統計が出ているそうです。

 

いつもこのような穏やかな心でいたいものです。

 

生者必滅会者定離

  • 先週、大型で強い台風が2個、九州を直撃しました。

家を建てて33年になりますが、初めて雨戸を閉めました。

ガレージの屋根が飛んだり色々ありましたが命だけは無事でした。

最近テレビで命の危険を守るという表現をする事が多くなりました。

毎年、冬までに30個近い台風が来ますが今年はまだ10個です。

はてさて、今年はどうなることやら???

 

大型で強い台風10号の風の音を聞きながら座敷に座って昔の事を

思い浮かべました。

10畳の座敷は変わらず昔のままです。

思えば33年前、念願の自宅を新築し、地元の剣道の重鎮を10名ほど

お招きして宴を開きました。

重鎮の先生方は70代から80代、全員、剣道7段です。

その頃、私は40歳、まだ駆け出しでただ一人6段でした。

全員、侍です。

こんな曲が頭に浮かんできました。

 

『春高楼の花の宴、巡る盃、影さして・・・』

 

滝廉太郎の荒城の月です。

 

思えば、あれから33年の月日が流れ、あの時の侍は、もう誰一人この世には

いません。

今現在あの場にいたのは私一人だけです。

そして私も、あの時の先生方と同じ年代になりました。

誰もいない座敷に一人座って昔の事を思い浮かべると、まるで昨日の

ような気がして熱いものがこみ上げてきました。

 

さて一昨日は東京教室でした。

このコロナの真っただ中でも関係なくたくさんの方が出席してくれました。

前々回くらいから気の出力を10倍、20倍にするという実験を

行っていますが皆さんの反応の良さには驚愕致しました。

気のレベルアップに伴い人格、顔の表情まで変化していき驚きの連続です。

 

しかし、これはブログでは、お伝えするのが困難です。

いずれにしても、詳しくは教室でお話いたします。

 

近くに、こんな地区があり以前から、どんな場所なのか気になっています。

 

灯台元暮らし車で1時間程の所にレトロな駅舎を見つけました。

 

 

コロナ何するものぞ!!!

昨夜大型で強い台風が九州に上陸しました。

思えば39歳で家を建て3年後に台風19号に覆われ屋根瓦が

半分吹っ飛びました。

30年前の事ですが毎年台風が来るたびに、その時の悪夢がよみがえり

戦々恐々とした気持になります。

 

 

昨日の台風はかつてない強さだとテレビが盛んに報じていました。

何かあってはと新築以来初めて雨戸を閉め、窓ガラスにはガムテープを貼りました。

 

九州を直撃しましたが、なんとか被害も出ずに無事一夜を過ごす事が出来ました。

地球温暖化の影響で今後も同じようなレベルの台風がやって来るだろうと

テレビが報じていました。

 

私が子供の頃とは何かが違います。

これからの時代、そして地球はどう変わっていくのでしょうか?

 

そしてコロナです。

 

毎日テレビが報じていますが、毎年インフルエンザでも数千人の人が

亡くなるのですが今回コロナに関してはマスコミが特別扱いをしています。

それほど必要以上に恐れる事はないと私は思っています。

 

30数年毎月東京に行ってきましたが、歌舞伎町だとか池袋だとか

一度も行った事がありません。

夜の街など無縁です。

つまり行く場所だとか会う人によって感染のリスクが高まります。

つまり、それを避ければなんの心配もありません。

 

又、空の会の方々は高齢者が多く教室に来られる方達がウイルスを

持ってくるなど考えた事もありません。

空の会ほど安全な場所はないと信じています。

 

先月は東京教室のKさんに試験的に50倍の出力アップを致しました。

その結果、体が耐えられないくらい自覚症状が出ました。

つまり軽自動車のボディーに突然クラウンと同じ3000ccのエンジンを搭載

するのと同じことなのです。

Kさんの感想としては体が壊れるかと思ったと言われてました。

それを感じるKさんの気のレベルが素晴らしいのです。

 

やはり当分は10倍に慣れていく事です。

 

50倍を習得出来れば、かなりの事が可能になります。

その辺の詳しい事は教室でお話しします。

 

先月心臓の検査で入院しました。

一泊二日の入院で異常はみつかりませんでした。

入院に際しては強制的にPCR検査を受けねばなりません。

勿論、結果は陰性でした。

しかしながら鼻の奥に綿棒を突っ込まれる不快さは何とも言えません。

 

父が61歳、長兄が55歳、次兄が52歳という若さで他界し三人とも心臓疾患でした。

私も心臓に欠陥を持っており遺伝子のなせる業です。

入院中つらつら思いながら、せっかく我が家で一番長生きしたのだから

100歳まで生きることに決めました。

そして90歳まで仕事をする事にしました。

 

人生は思った通りになるというのが私の人生訓です。

 

ある方が私にこう言いました。

『人生なんか、そんなに思った通りにならないよ』と!

結局その人は思った通りにならない人生を送りました。

 

前向きに行きましょう!

 

初めて窓ガラスにガムテープを貼りました。

 

いつも時間を見つけて西本願寺の境内で1時間程、時を過ごします。

 

 現在の京都です。あれほどいた外国人が一人もいません。

メニュー
浦田紘司著書
気の極意
気の極意

「気」を自在に使いこなす
「気」を自在に使いこなす
過去の記事