悩ましい月

新しく年号が変わりました。

心新たに出発をされる方も多いと思います。

 

前々回のブログに書きましたが毎年4月と9月、前期、後期の期の変わり目に

いつも悩ましい日が続きます。

4月は重苦しい日々が続きました。

90歳までの教室も段々と、はかない夢になりそうな気配です。

PCに向かう心境にはなれない日々が続きました。

詳細は教室でお話を致します。

 

そんな中でも毎日の如く天の教科書からは新しいメッセージが届きます。

5月の教室では最新の情報をお伝えします。

4月の京都教室に、いつも面倒を見ている関取が東京から参加されました。

体重は150キロ大変気の巡りが良く体重と気の巡りは無関係だと分かりました。

 

 

新しい元号と共に!

昨日、新しい元号の発表がありました。

思えば私が40歳の1月に昭和天皇が崩御され元号が平成と変わりました。

あれから31年、あっという間に時が流れました。

後、もう一回、令和の次の元号まで見届けたいものです。

 

桜は満開なのに花冷えで寒い日が続いています。

東北や北陸では雪が降っています。

そう言いながら、あっという間に又、暑い夏がやってきます。

 

先日ある中学校に行ってきました。

バスケットボール、バレーボールのクラブの子供たちに会ってきました。

子供たちが体の痛い所を訴えてきました。

そのほとんどが膝、足首の痛みを取って欲しいという事でした。

しかし、今回はうまくいきません。

原因は何なのか、それは中学生に多い成長痛から来る痛みです。

春の竹の子が一晩で1メートルも2メートルも大きくなるのと同じで

成長期の中学生の身長は一晩で2センチ、3センチ伸びます。

その成長の過程からくる痛みは解消出来ません。

そして特に、その痛みは膝、足首に集中します。

今回は1年生、2年生ばかりで成長著しい年齢で期待に答える事が出来ず

子供たちも残念そうでした。

後は剣道部の顧問の先生が膝の痛みを取って欲しいと頼まれ一応気を送りましたが

変化がなく残念そうでしたが、これも期待に応える事は出来ません。

私自身が永年剣道をやってきて、その経験値から理解できるのですが何十年も

剣道をやって酷使した膝は一瞬で回復する事はありません。

又、ゴルフ、野球、ダンス、など肉体を酷使したものは回復不能です。

この痛みから解放されるためには競技を止めるしかないのです。

つまり、ぎっくり腰、捻挫、脱臼など突発的なケガは瞬時に回復します。

しかし長年かけて痛めた体の不調は回復の見込みはなく痛みから解放されたければ

競技を止めるしかないのです。

又、加齢からくる症状なども期待できません。

例えば加齢からくる老眼、難聴、骨の老化などです。

このように可能なもの不可能なものを見極める目を養うことも大切な事です。

 

先日知人が亡くなりました。

聞くところによると断食に行って、その直後に体調を崩して間もなく

他界しました。

彼は70代後半です。

歳がいくと食が細くなり十分な栄養が取れず栄養失調になりやすいのです。

その上に断食と言うのは非常に危険です。

断食は年齢が若くて体力のある時に行うものです。

私自身も年々食が細くなっていくのが身をもって感じています。

若い時はあまり肉を食べなかったのですが最近は若い時より肉を食べるように

なりました。

もちろん少量ですが上質の肉を少し食べるようにしています。

焼肉食べ放題とか行きません。

年齢がいくと肉でも魚でもバランスよく食べるというのが大切です。

 

今月から又、新しい気持ちで教室に臨みたいと思っています。

教室は楽しく気を学び、実技講習会は技術の習得を目指し特選会は

これを職業とし対価をいただけるようになるための学びの場です。

 

今日は5年ぶりに教室に復活しますと嬉しい電話をいただきました。

いつもブログを見て頂いていて私が90まで頑張るという決意を見て

又、教室にいきますという電話でした。

私も又、今月から新たな決意で頑張ります。

 

近くの桜の名所です。

90まで頑張ります、皆さんのご協力を!

毎日、今日は投稿をと思いつつ中々PCに向かえません。

年々困難になってきました。

これが歳をとるという事かと自分に問いかけています。

何をするのもおっくうになり面倒くさくなっていくのを肌で感じています。

 

25日に福岡教室を終え今月の教室が終わりました。

もちろん毎回教室では感動を味わっています。

先月71歳になりましたが私は早生まれなので同級生でも早い人は

4月から72歳になります。

私は子供の頃から目が良いので、その分老眼も早く訪れました。

そのせいで、ここ数年文字を読むのが辛くなり、もうここ5年ほど新聞や

本に目を通す事がなくなりました。

なので、天の教科書を手に入れることが出来て本当に良かったと思っています。

先月も東京の実技講習会で天の教科書を手に入れる方法をお伝えしたところです。

次回の講習会でもより深くお伝えしたいと思っています。

 

さて今月の感動をお伝えしたいと思います。

京都教室の翌日の事でした。

ある教室の生徒さんから、ヘルプの電話がかかってきました。

友人5人と京都観光に来て夜の京都の街を散策している時に石段で足を

踏み外してしまい足を捻挫して歩けなくなったので助けて欲しいという事でした。

その日は何も予定がなかったので早速宿泊先のホテルに向かいました。

彼女は待ち合わせ場所のホテルのロビーで椅子に座って待っておられました。

友人達は清水寺など観光に出かけたけど自分は足が痛くて歩けないのでホテルで

待機していたとの事でした。

椅子から立ってもらい背骨を見ると大きく歪んでいました。

元々気の通りの良い方ですから前から気を送ったら瞬時に真っすぐになり

痛みがなくなって普通に歩けるようになりました。

その後二人で昼食を食べ西本願寺と東寺を案内して夕方友達との

待ち合わせ場所にお連れして別れました。

良い経験になったと喜んでいただきましたが願わくば彼女の友人が、そのような

アクシデントに遭遇した時に私と同じことが出来るようになって欲しいと

お願いして一件落着しました。

 

昨年、熊本教室に中学3年生の男子が足を見て欲しいと教室に参加してきました。

彼は熊本県でもトップクラスのマラソン選手ですが足に腫瘍が出来て走る事が

出来なくなり私の所に来たのです。

そしていつものように気を送ったら瞬時に走れるようになり父親が感動して

いました。

しかし、熊大病院では手術は回避出来ないとの事で、その後手術に踏み切り

ました。

しかし、昨日教室の方から電話があり彼の、その後の報告がありました。

手術の後、再生するはずのない骨が再生し、これは奇跡だと主治医が

言っていたそうです。

彼は来月から熊本高専に入学が決まり、その前に私に一言礼を

言いたいと電話がかかってきました。

将来を嘱望された若い子たちがこのように復活する事はまさに

喜びの極みです。

 

毎回このような感動を味わいながら30年教室を続けてきました。

教室は1年を前期、後期に分けて年2回受講料を頂いています。

後3日で4月からの前期が始まります。

毎年この、前期、後期の最初の月に今まで来られていた方がスッと姿を消します。

肩を組みあって笑顔で盃を酌み交わした方でも顔が見えなくなります。

そんな時、私の心の中に隙間風が吹き抜けます。

今回も4月から今まで通り皆さんの笑顔に出会う事を願うばかりです。

 

教室は私が75歳くらいまでかなあと言った事にネガティブだと言った方が

いましたが、例えばどんな落語の名人でも客がいなければ寄席を開くことは

出来ません。

そういう意味で75歳くらいまでが限界かなあと言ったのです。

先日90歳まで続けると約束を致しましたが、それは皆さんが教室に継続して

参加してくれるという条件のもとです。

一人芝居は出来ません。

 

特に東京は地方と違って会場費やホテル代も高いし飛行機代などの交通費も

負担が重くのしかかってきます。

又、来年のオリンピックを前に色んな物が高騰しています。

 

久しぶりの投稿なのに楽しくない話で申し訳ないのですが

教室継続のために是非皆さんのご協力をお願い致します。

 

今月、羽田空港に到着する直前の飛行機の窓から見た富士山です。

こうやって30年東京に通いました。

 

71回目の桜を愛でる事が出来ました。

 

緑も鮮やかに、春の訪れです。

 

朝9時の駅、誰もいません。

楽しい事を!

ひな祭りも終わり少しずつ暖かい春の日差しが見えてきましたが

九州は朝から冷たい雨が降っています。

 

今週土曜日は東京教室です。

そして翌日の日曜日は実技講習会です。

今回もたくさんの参加者です。

一般の教室と違い2時間みっちり実技を学びます。

 

先日ある教室で30代の男性の脳の中に入り込み、どれくらいまで年齢を

さかのぼれるか実験をして1歳児くらいまで退行を行ったところハイハイ

しか出来なくなりバブバブしか言えなくなったと書きました。

そして彼に、その時の感想を聞いてみたところ思考は30歳だけど肉体は

1歳児になっていて、そのギャップが苦しかったという事でした。

大変興味深い現象で今後もっと深く入り込んでいくと肉体の改造や老化の

速度を遅らせる事が出来るかもしれません。

これから何人かモデルになって実験を試みたいと思っています。

例えば50代60代の女性が老化してゆく肌を見ながら過ぎ去った20代の頃の

みずみずしい肌を懐かしく思い浮かべるかもしれません。

退行することで、まず老化の速度を遅くしたり願わくば10年前20年前に

戻れたらどんなに素晴らしい事でしょう。

これらの現象を催眠術ととらえる人がいるかもしれませんが

私は催眠術を習った事も勉強した事もないので催眠術がどんなものなのか

全く分かりません。

すべて天の教科書からの情報であり、その情報のままに実践しているだけです。

そんなのあり得ないと思う人がいると思いますが、それはそれでいいのです。

しかし空の会の方達はあり得ない事にチャレンジする人たちの集まりです。

そして、これが100の内ひとつでも現実になればどんなに楽しい事でしょう。

電気の発明、電話の発明等々あり得ない事が、ある時現実となるのです。

 

若いころ固定電話と公衆電話しかない時代、いずれ名刺入れくらいのサイズの

電話が出来て、いつでも、どこでも電話をかける事が出来る時代がくるだろうと

思っていましたが現実のものになりました。

そして名刺入れのサイズの翻訳機が出来て英会話学校にいく必要が無くなるだろうと

思っていましたが、これも現実のものになってきました。

 

猿たちのように動物は言語を発しません。

しかし意念で情報交換をします。

人間も言葉を持たない太古の時代は恐らく猿たちと同じような情報交換を

行っていたのではないでしょうか。

その時代に退行できれば携帯もいらないし翻訳機もいらない

そんな時代に戻れるかもしれません。

そんな事が出来たら、ただ楽しいのです。

 

知らない人から見たら変人と思われるかもしれません。

しかし、こんな夢みたいな情報を天の教科書が教えてくれます。

教科書代もいりません。

書店に足を運ぶ必要もありません。

いつでもどこでも手に入ります。

特選会、講習会では教科書を手に入れる方法を伝えたいと思っています。

 

土曜日は東京教室です。

朝6時の電車で福岡空港に向かうのですが早朝の為、最寄りの無人駅には誰もいません。

ある日の東京教室です。

心機一転

もう、梅も散ってしまい桜の便りが届くようになりました。

早いもので明日から3月です。

 

15日にめでたく???71歳になりました。

近年、何をするにも面倒くさくなりパソコンのキーボードにも

中々手が伸びなくなりました。

他にも新聞や雑誌の活字を追っかけるのがおっくうになりました。

こうやって歳をとる毎に段々とやる気が失せていくのかなあと実感しています。

同じ年齢の方から、それが歳をとるという事ですよと言われました。

 

先日90歳まで続けるとブログに書いたら、以前は75くらいで辞めると

ネガティブな事を言っていたのに急にどうしたのですかと、ある教室で

言われました。

それと、良かったあ、安心したと言われました。

考えてみると有り難い事です。

高齢者になって毎日ゴールデンウイークの人から見れば、こんなに

幸せな事はありません。

この歳になって、まだ人様から必要とされる事に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

先日、ある教室の方から連絡があり2~3日前から胸が痛いので病院でレントゲンを

撮ったら肺に影があるとの事で助けて欲しいと40代の女性から電話がありました。

その後、彼女と会い胸に気を送って翌日再度病院でレントゲンを撮ったら影が

消えていてドクターも不思議がってたそうです。

病名は肺炎だったそうですが、実は肺がんの疑いもあったと言われたそうです。

今は痛みも消えて普通の状態に戻ったとの事です。

 

去年から年齢退行を行うことで病気になる前の身体に戻すと体が健康な

時の状態に戻る事を発見しました。

先日ある教室で30代の男性の脳の中に入り込み、どれくらいまで年齢を

さかのぼれるか実験をして1歳児くらいまで退行したところハイハイしか

出来なくなり言葉もバブバブしか言えなくなりました。

その後、彼に状況を聞いてみたところ頭は30歳だけど肉体は

1歳児になっていて、そのギャップが苦しかったという事でした。

大変興味深い現象で今後もっと深く入り込んでいくと肉体の改造が出来るかも

しれません。

勿論、目的は病気になる前の身体に戻す事です。

例えば難病のジストニア、ギランバレー、トゥレット症候群といった

不随意運動、つまり自分の意思でコントロール出来ない体の動きにも

対応出来るかもしれません。

この病は現代医学では不治の病なのです。

又、人間の永遠の憧れである若返りもうまくいけば出来るかもしれません。

そして20代の頃のみずみずしい肌を取り戻せるかもしれません。

そうなれば夢の世界です。

 

このようにあらゆる手を尽くして病から脱却し肉体を改造する

方法を模索していきたいと思っています。

しかし、このように幼児返りのような現象が表れるのは7割くらいです。

残念ながら3割くらいの人は、こういう現象は表れにくいのです。

よく素直ではないからでしょうかと聞かれますが、そうではありません。

実際本当の所はよく分からないのです。

しかし、この3割くらいの人達も空の会に通っておられる間にいつの間にか

7割の仲間に入るようになっていきます。

 

いずれにしても90歳まで続けると決めたからには、それなりの覚悟を

もって臨まなくてはなりません。

それにはストレスを減らし日々快適な状況を作らなければなりません。

又、これからは私に残された時間を有効に使わなければなりません。

例えば空の会の規約に教室では治療行為は致しませんと、うたっていますが

体験と称して治療行為を求める人が後を絶ちません。

教室の2時間は皆さんの貴重な共有の時間です。

一個人の為に使う事は出来ません。

今後は初心に返って体験の方の治療行為は固くお断りします。

一分一秒を大切にしなければなりません。

 

3月の教室の翌日は実技講習会です。

今回も奥深い所の技をお伝えする予定です。

 

 

10年ほど前水戸黄門に出演しました。

長い人生、苦しい事や嫌な事もありましたが、こんな面白い事もありました。

地元の商店街ではひな祭り一色です。

 

今日の昼食です。ここのごぼ天うどんと味ご飯がうまいのです。

メニュー
浦田紘司著書
気の極意
気の極意

「気」を自在に使いこなす
「気」を自在に使いこなす
過去の記事