ふと思う事

やっと豪雨が過ぎ去りました。

今回も九州は大きな被害を受けました。

人間のどんな力を持ってしても自然の驚異には歯がたちません。

まだ、これからも台風、地震と予想も出来ない天変地異に

見舞われる事でしょう。

地球温暖化、これも愚かな人間の起こした結果でしょう。

真摯に受け止める外ありません。

昭和20年30年、我々が子供の頃と何かが違います。

さて、これから人類は何処に向かって歩いていくのでしょう?

 

私はBS放送で毎日古い西部劇を見るのが好きです。

先日ジョンウェィンの映画をやっていました。

白黒で画面に1948年制作と出ていました。

私が生まれた年です。

何だか胸がジンときました。

その中でこんな一言が流れてきました。

『人は何も持たず世に出て何も持たず世を去っていく』

この言葉にも胸がジンときました。

私は若いころから、100円必要な時に100円あればいいと言う

考えをいつも持っていてその考えは今も変わりません。

必要な額以上に求めるから争いが生じたり苦しみが生まれるのではと

思います。

今のセレブという人達は桁違いの財産を持っています。

しかしそれなりの苦悩もあるのでしょう。

持って無い者のひがみと言われるかもしれません。

しかし、あの世に行くときには何も持って行けないのです。

西部劇の一言に心動かされました。

 

昔、石炭で栄えた福岡県の直方市の商店街です。

大関魁皇の出身地です。

これが平日の商店街の姿です。

この景色は全国どこの商店街も同じです。

あるのは結果だけです。

やっと梅雨に入りました。

今日も朝からムシムシしています。

 

先日の福岡教室で一ヶ月の教室が終わりました。

教室では毎回感動を味わっていますが、この感動はブログでは

伝わりません。

 

又、ホームページを見たと言って治療の相談がきますが

空の会と言うのは気を自在に使いこなせるようになるという

勉強会であり治療院ではないし治療行為は致しません。

相手に気を送って体の変化を求めたり相手の脳に入り込んで

意識を変えるという2本柱で学んでいます。

 

この場で色々紹介をすると誤解を招く恐れがあるので詳細は

教室でしかお伝えしません。

 

ある教室で数年前に参加されていた女性が乳癌で亡くなったと

報告がありました。

50代、乳癌の手術をして2年目の事です。

それに対してのコメントはありませんが現代においてもガンは強敵です。

 

最近は病を克服するのではなく病にかかる前の身体に戻すという

事を実践していますが中には劇的に変化する事があります。

いつも言う事ですが、全てにおいてパーフェクトというのは

ありません。

つまり確立の問題です。

この手法については教室で詳しくお伝えします。

 

空の会では三つのコースがあり、それぞれに目的と講義の内容が

異なります。

 

しかし究極は気を習得する事です。

空の会では『能書き』がないから良いと、よく言われます。

つまり理論、理屈など、まったく必要としていません。

気が出るか出ないか、あるのは結果のみです。

安っぽい屁理屈は通用しません。

出来るか出来ないか、あるのは結果だけです。

 

後継者育成講座も着々と準備中です。

 

びわこに行ってきました。

琵琶湖周航の歌で有名な竹生島です。

 

消滅か継続か?

5月も終わりに近づきました。

ホームページの投稿がうまくいかず何事も面倒くさくなってきた時に

追い打ちをかける感じで、ちょっと時間が過ぎてしまいました。

そんな事で、ただ今ホームページのリニューアルを検討中です。

 

先日教室の方からホームページを毎日見ていますと言われました。

永年ホームページの書き込みを続けてきましたが内容はと言えば

毎回教室でお伝えしている事と重複しているので、あまり重要性を

感じていません。

新しい情報や大事な情報等は教室で口頭で伝えるのでホームページの

内容は隣の家に猫の子が生まれたくらいの軽い内容なのでこれからも

そんなノリで続けようと思っています。

 

先日ある教室の方から600,000番に達しましたと報告が

ありました。

記念することを考えています。

 

年齢をさかのぼる事で元気な時の肉体にも戻るという事を実践

しています。

これも天の教科書からの情報であり知的財産に匹敵するものですから

詳細は教室でのみお伝えしています。

先日もある教室の方から電話があり10年前の身体に戻してもらった

ところその時に苦しんでいた頚椎ヘルニアがよみがえり首と腕が

激痛で夜も眠れず困っており助けて欲しいとの事でした。

頚椎の場所に携帯を当て3分気を送ったところ激痛が一瞬で消えたと

感動しておられました。

そして翌日には、おかげさまで一週間ぶりに熟睡出来ましたと感謝の

メールがきました。

 

70歳を過ぎた頃から『後継』という事をずっと考えているのですが

80歳までには、もう9年を切ってしまいました。

この技を伝授するにはかなりの時間がかかり年齢や人格、脳力等必須の事項が

たくさんあります。

ネガティブだと言われかもしれませんが私に残された時間には限りが

あるのです。

東京教室には早朝5時起きで6時半の電車で博多に行き福岡空港に向かい

東京に出向きます。

30年続けてきましたが肉体的にはかなりハードになってきました。

気の量は年齢と関係なく増幅していきますが肉体は皆さんと同じように

老化していきます。

 

そのような事で後継者講座を始動する準備をしています。

6月は特選会です。

上級レベルの勉強会です。

 

 

悩ましい月

新しく年号が変わりました。

心新たに出発をされる方も多いと思います。

 

前々回のブログに書きましたが毎年4月と9月、前期、後期の期の変わり目に

いつも悩ましい日が続きます。

4月は重苦しい日々が続きました。

90歳までの教室も段々と、はかない夢になりそうな気配です。

PCに向かう心境にはなれない日々が続きました。

詳細は教室でお話を致します。

 

そんな中でも毎日の如く天の教科書からは新しいメッセージが届きます。

5月の教室では最新の情報をお伝えします。

4月の京都教室に、いつも面倒を見ている関取が東京から参加されました。

体重は150キロ大変気の巡りが良く体重と気の巡りは無関係だと分かりました。

 

 

新しい元号と共に!

昨日、新しい元号の発表がありました。

思えば私が40歳の1月に昭和天皇が崩御され元号が平成と変わりました。

あれから31年、あっという間に時が流れました。

後、もう一回、令和の次の元号まで見届けたいものです。

 

桜は満開なのに花冷えで寒い日が続いています。

東北や北陸では雪が降っています。

そう言いながら、あっという間に又、暑い夏がやってきます。

 

先日ある中学校に行ってきました。

バスケットボール、バレーボールのクラブの子供たちに会ってきました。

子供たちが体の痛い所を訴えてきました。

そのほとんどが膝、足首の痛みを取って欲しいという事でした。

しかし、今回はうまくいきません。

原因は何なのか、それは中学生に多い成長痛から来る痛みです。

春の竹の子が一晩で1メートルも2メートルも大きくなるのと同じで

成長期の中学生の身長は一晩で2センチ、3センチ伸びます。

その成長の過程からくる痛みは解消出来ません。

そして特に、その痛みは膝、足首に集中します。

今回は1年生、2年生ばかりで成長著しい年齢で期待に答える事が出来ず

子供たちも残念そうでした。

後は剣道部の顧問の先生が膝の痛みを取って欲しいと頼まれ一応気を送りましたが

変化がなく残念そうでしたが、これも期待に応える事は出来ません。

私自身が永年剣道をやってきて、その経験値から理解できるのですが何十年も

剣道をやって酷使した膝は一瞬で回復する事はありません。

又、ゴルフ、野球、ダンス、など肉体を酷使したものは回復不能です。

この痛みから解放されるためには競技を止めるしかないのです。

つまり、ぎっくり腰、捻挫、脱臼など突発的なケガは瞬時に回復します。

しかし長年かけて痛めた体の不調は回復の見込みはなく痛みから解放されたければ

競技を止めるしかないのです。

又、加齢からくる症状なども期待できません。

例えば加齢からくる老眼、難聴、骨の老化などです。

このように可能なもの不可能なものを見極める目を養うことも大切な事です。

 

先日知人が亡くなりました。

聞くところによると断食に行って、その直後に体調を崩して間もなく

他界しました。

彼は70代後半です。

歳がいくと食が細くなり十分な栄養が取れず栄養失調になりやすいのです。

その上に断食と言うのは非常に危険です。

断食は年齢が若くて体力のある時に行うものです。

私自身も年々食が細くなっていくのが身をもって感じています。

若い時はあまり肉を食べなかったのですが最近は若い時より肉を食べるように

なりました。

もちろん少量ですが上質の肉を少し食べるようにしています。

焼肉食べ放題とか行きません。

年齢がいくと肉でも魚でもバランスよく食べるというのが大切です。

 

今月から又、新しい気持ちで教室に臨みたいと思っています。

教室は楽しく気を学び、実技講習会は技術の習得を目指し特選会は

これを職業とし対価をいただけるようになるための学びの場です。

 

今日は5年ぶりに教室に復活しますと嬉しい電話をいただきました。

いつもブログを見て頂いていて私が90まで頑張るという決意を見て

又、教室にいきますという電話でした。

私も又、今月から新たな決意で頑張ります。

 

近くの桜の名所です。

メニュー
浦田紘司著書
気の極意
気の極意

「気」を自在に使いこなす
「気」を自在に使いこなす
過去の記事