良いご縁を

今日は朝から雨が降っています。

 

今週の日曜日は熊本教室、翌日の月曜日は福岡教室です。

これで9月の教室は終了です。

 

今日、来年2月15日の飛行機の予約を致しました。

飛行機は大体半年先の予約を入れます。

2月15日は京都教室の前日であり、私の誕生日です。

71歳になります。

 

今日、ある方とこんな話をしました。

これからは頑張るのではなく身体に気をつけて

細く長く続けていきたいと思っていますと!

 

先日の京都教室の事です。

以前、四国教室に来ておられた男性が、これから京都教室に

通いたいと、ご夫婦で参加されました。

奥さんはスクワットのやりすぎで1ヶ月前から膝を痛め正座が

出来なくなり地元で有名な整体に行ったところ背骨は真っすぐだけど

膝が治るには1年かかると言われたそうです。

しかし、私が見ると明らかに背骨が歪んでいました。

その結果、膝に支障をきたしているのです。

皆さんに、しっかり背骨を見てもらい彼女の前方から気を送りました。

するとすぐに上半身がグラグラと揺れ始め一瞬グラッと大きくゆれました。

そしてその直後、瞬時に膝の痛みがなくなり正座が出来るようになりました。

ご主人にその間の時間を聞くと約10秒ほどだとの事でした。

整体、整骨と私とはやり方が全く違います。

つまり、3S『シンプル、スピーディー、シュアリー』とはこういう事です。

 

京都教室の女性のSさん、永年教室に参加していただいています。

何年か前にお孫さんが生まれ、その世話で1年ほどお休みさせて

もらいますとおっしゃって1年後に復帰して下さいました。

今まで当分お休み致しますと言って復帰された例はほとんどありません。

そして今回も2人目のお孫さんの誕生で1年お休みされ10月から

復帰されます。

 

1人目の時、赤ちゃんに緊急事態が起き遠隔でヒーリングを行い

見事に回復いたしました。

今回2人目のお孫さんも気管支炎を起こし入院されましたが

これも遠隔で気を送ったところ無事退院する事が出来ました。

どちらも教室をお休み中の事です。

 

教室ではいつの間にか姿が見えなくなる人がほとんどです。

そんな時、病気でもされたのではとか入院でもされたのでは

不慮の事故でもあったのかとすごく心配します。

 

随分前の事です。

教室の皆さんと新年会を行っている時、この私の胸の内を語った所

ある男性が『我々は月謝を払って来ているんだから、やめる時に

挨拶はいらんでしょう』という答えが返ってきて他の生徒さんは唖然とし

その場の空気が一瞬にして凍りつきました。

その彼の耳に教室をやめる時には挨拶をしろとでも聞こえたのでしょうか?

その彼は治療家を目指しているとの事だったのですが

患者さんに対してもこんな感覚で接するのかと???でした。

去っていく時にいい関係で別れが出来れば、もしアクシデントがあった時

前出のSさんみたいに私に依頼しやすいだろうという思いから

言葉にしたのですが一人一人顔が違うように考え方が違います。

退会されるとき一言声をかけていただければ私も、良い関係での別れを

心から願っています。

 

熊本教室、福岡教室が終わって又書き込みをしたいと思っています。

年齢退行

朝は少し肌寒いくらいになりました。

それにしても今年は大雨や台風、地震と例年にない

災害の多い夏でした。

これから寒い冬を迎える北海道の皆さんの暮らしを

思うと本当に心が痛みます。

一日も早く以前の生活に戻れることを祈るばかりです。

 

さて最近の教室では画期的な試みを行っています。

それは年齢退行という事です。

簡単に言えば病気やけがになる前の身体に戻る事です。

先日の東京教室でも劇的な事がありました。

50前後の女性です。

若いころから股関節脱臼を抱え片方の足が数センチ短いのです。

その為歩行に困難をきたし、永年教室に参加されて毎回その中で

足に気を送ってきました。

先日から年齢退行を行う中で彼女に実施してみました。

そして教室が終わって夜にこんなメールがきました。

 

『こんばんは。20年前に戻していただいたためか駅の構内を

走って帰れました。走るのは何十年もなかっただけに

びっくりしました。自転車こぎは100回こぐのが精一杯でしたが

2000回こぐことができました。もっとやれそうでした。

有難うございました。感謝です。ますます天の教科書は浦田先生に

神の力を授けていますね。是非次回も、あの20年若くなるパワーを

お願いできますか?浦田神社の神様に感謝です。

今日も先生のDVD、右の股関節の近くに置いて寝ます。

朝、起きたときすご~く右足楽なんです。』

 

というメールをいただきました。

私の方こそ感謝です。

毎日、朝起きてから寝るまで天の教科書をめくっていますが

いつも新しい情報が伝わってきます。

今回の年齢退行は画期的でした。

久々のクリーンヒットです。

他にも何人かの方に実施してみましたが肉体の変化に驚きました。

治すのでは元気なころの身体に戻すのです。

明後日は京都教室ですが車椅子の女性にチャレンジする予定です。

又、結果をご報告いたします。

 

東京の実技講習会は11月18日に実施するように決定しました。

今回は相手の脳に入る方法と天の教科書について詳しくお伝えしたいと

思っています。

 

医療とは?

暑かった8月も今日で終わり9月に入りました。

朝夕はめっきり涼しくなりました。

 

さて、今まで空の会では気を送るという事と相手の脳に入り込んで難病を

回復させるという2本柱で実践してきました。

その中でも最近は特に年齢をさかのぼる事で病気になる前の身体を

取り戻す事にチャレンジしています。

10年くらいはあっという間に年齢退行します。

 

先日の京都教室でも感動がありました。

若い時に手術を受け、その時の麻酔のミスで下半身が麻痺し20数年

車椅子生活を余儀なくされている女性にママさんバレーを行っている若き日の姿を

思い出し年齢退行を行いました。

すると今まで出来なかったが出来るようになり自力で歩けそうな気がすると

言ってくれました。

これから毎月の教室でチャレンジしてみたいと思っています。

このように10年20年と年齢退行をする事で色んな事が可能になる

と思っています。

特に病気になる前の身体に戻すことで劇的な結果を生みそうです。

 

ある日の新聞に載っていた記事です。

検査でガンが見つかり主治医から来年の今日あなたはこの世にいませんと

告げられ経営していた会社を整理し財産も分与して1年が経ったのですが

まだ健在で財産もなく残りの人生を年金だけで生活をしなくてはならない

という現実に遭遇し主治医と揉めているという記事でした。

 

先日ちびまるこちゃんの作者の女性が亡くなりました。

53歳乳癌でした。

恐らく最先端の治療をされたことでしょう。

しかし亡くなるのです。

 

ガンが見つかって余命半年と告げられ医者は抗がん剤を開始します。

髪は抜け脱力感と倦怠感に悩まされ半年後に亡くなります。

抗がん剤の治療をしなかったらどうだったのでしょう?

今まで、このようなケースをたくさん見てきました。

考えさせられる事がたくさんあり、ここで書けない事もたくさんあります。

2人に1人がガンになる時代です。

ガン治療をしてもしなくても寿命は大差ないと何かで読みました。

医療って何でしょう?

皆さんだったらどうしますか?

 

定年になったら開業すると目標を立てて頑張っている方が空の会には

何人もいます。

空の会で学んでいるのは気持ち良くしてやってるのではなく

元に戻すことを学んでいるのです。

人間にとって一番有り難いのは今の痛みを瞬時にとってもらう事です。

気持ち良くしてもらっても、あまり感謝の気持ちが湧きません。

激痛は鎮痛剤の注射をしても痛みが消えるまでには時間がかかります。

しかし気を送ると瞬時に痛みから解放されます。

 

先月東京教室で話しました実技講習会では、痛みを瞬時に解消する

やり方を伝えたいと思っています。

 

先日テレビで野球監督の星野千一さんの追悼番組をやっていました。

今年亡くなった野球選手の衣笠さん二人とも私と同い年の70歳です。

いつもテレビで65歳以上の高齢者と言っていますが私はその年齢を

はるかに上回る歳になってしまいました。

今まで永年に渡ってこの気の素晴らしさを世に伝えてきました。

しかし伝える事の難しさを身をもって味わってきました。

この世界がもっと世に広まれば救える命がたくさんあるのにと

思うと毎日じくじたる思いです。

私に残された時間は限りがあります。

この世界を世に広めるには皆さんの力が必要です。

皆さんもう一度奮起して体得してください。

 

子供の頃、青春時代の思い出

実技講習会

今日はお盆の最後の日です。

東京は7月がお盆だそうで地域によって違います。

京都は16日が五山の送り火で先祖の霊が帰っていきます。

九州は台風の影響で大分涼しいお盆でした。

 

先日の東京教室でお話を致しましたが今まで教室の他に

特選会を行ってきました。

野球で例えるなら教室は草野球です。

野球を楽しむ、つまり気を楽しんだり自分自身の健康維持だとか

目的がそれぞれです。

しかし、その中でも気を習得してプロの治療家を目指したり、今現在

治療院を開業している方達の勉強会が特選会でありプロ野球です。

今まで長年に渡り、この2コースで実践してきました。

特選会には教室に最低でも3年以上参加しておられる方を対象としてきました。

しかしこれから3年以上対象とするのは厳しい状況です。

それは私自身の年齢の問題です。

そこでこの課題をクリアーするためにプロ野球と草野球の間の

ノンプロを行うことにしました。

例えば特別治療家を目指してる訳ではないが人を癒せるようになりたいと

いう方のために実技の講習会を実施する事にしました。

11月から実施したいと思っていますが、問題は参加人数です。

私はその為に九州から東京まで出向かなければなりません。

交通費、会場費、宿泊費、などの問題をクリアーしなければ実施出来ません。

先日教室の案内を送って欲しいという東京の方から資料を見て

受講料が高いと手紙がきました。

もうそんな次元の問題ではありません。

皆さんが九州まで来ていただければ交通費、宿泊費、食事代など諸々の

経費を考えると恐らく10万円仕事でしょう。

しかし、それも後数年と残された時間が限られています。

それだけに後残された時間で何とか皆さんに、この素晴らしい気の世界を

伝えなければなりません。

 

そんな事を考えながらお盆の時間を過ごしました。

80歳までは東京に行きたいと願っていますが約束は出来ません。

ですから教室に参加を考えている方は早めに参加してください。

 

中国ではショップの無人化が進んでいるとテレビで報じていました。

工場は勿論、レストランなども機械化が進み人がいらなくなります。

全てがAIにとってかわる時代がすぐ目の前に近づいています。

病院も全てAIが検査を行い膨大なデータの中から正確な病名を

見つけ出して的確な診断と治療法を見つけ医師はその結果を患者に

伝えるだけになります。

このように時代は日進月歩で変化し我々昭和初期の人間はついて行けなくなります。

しかしAIで絶対に真似できないのは気を出すという事です。

 

街で昔懐かしい電気器具を見つけました。

 

人生に残された限りある時間

毎日猛暑が続いています。

皆さん体調はいかがでしょうか?

 

今週末は東京教室なので今日早めにお墓参りをしてきました。

 

オリンピックを後2年後に控えてテレビでは盛り上がっています。

一昨年からバドミントンの高校生の面倒を見ていましたが

彼も現在は東京の大学生になり数か月前に東京教室に体験で来て

いました。

オリンピックを目指しているのですが2年後の東京オリンピックは

最強のM選手がいるので6年後のオリンピックを目指していると

言ってました。

6年後と言えば私は76歳です。

昨日俳優の津川雅彦さんが亡くなったと報じていました。

78歳です。

これを思うと約束など出来ません。

それよりも今まで永年に渡って培ってきた、この技を何とか後世に

伝えなければなりません。

出来る事なら20代30代の若者に伝えたいと願っておりますが

そんな若い人たちに耳を傾けてもらえずじくじたる日々を送っています。

勿論そんな事など考えずに幕を閉じればストレスもありませんし

責任もありません。

 

この暑い中、悶々と時間を過ごしています。

 

大分県天ケ瀬町の慈恩の滝です。

かんぽの宿で絵手紙を見てほのぼのとした気持ちになりました。

メニュー
浦田紘司著書
気の極意
気の極意

「気」を自在に使いこなす
「気」を自在に使いこなす
過去の記事