私には空の会があります。

コロナ禍による「外出自粛要請」が夜の銀座を直撃している。高い賃料、人件費、そして

「世間の目」がここで働く「夜の蝶」の羽をもごうとしている。

もっとも、一部の景気のいい人や経営者・芸能人たちはコロナなどおかまいなく銀座に繰り出し、彼らが集まる高級クラブは3月中も変わらずの活況だったという。

だがそれも、某クラブでコロナ感染者が確認され、さらには飲み歩いて

コロナに罹患したとされる志村けんさんの訃報(3月30日)で潮目が変わった。

かくして3月末には、銀座の街の灯はほぼ消えたのだ。

 

このような報道が幾度となくテレビの画面から流れてきました。

そして、ここに来てやっと感染者の数が落ち着いてきましたが

収束したわけではありません。

 

人類の歴史はウイルスとの闘いの歴史です。

福岡も京都も自粛が解除されましたが果たして今後どのような変化が起きるのか

誰も分かりません。

人類はこれから何処に向かって進むのか誰も分かりません。

 

一旦コロナが落ち着いたら世の中が大きく変わると前回書きました。

自宅でのテレワークが定着してきた今、これまで満員電車に揺られて会社に出勤したのは

何だったのか自宅なら通勤の時間も無くなり生活に余裕が出来人生が大きく変わった。

そして経営者は会社を維持するために高額の家賃を支払う事に疑問を感じ

事務所を引き上げる企業が増えたとテレビから流れていました。

ウイルスの第2波、第3波が来るたびに世の中がもっと大きく変化する事でしょう。

 

空の会も4月、5月と教室が出来ませんでした。

空の会もオンラインでやったらどうですかと生徒さんからアドバイスがありました。

勿論、それが出来れば素晴らしいと思います。

しかし、いつも教室で『皆さん私のブログ見てくれてますか』と尋ねても一部の人しか

手が上がりません。

自宅にパソコンがないのか、そのような環境にないのか分かりません。

ですから今までに何度ブログをやめようと思ったか分かりません。

しかしアクセス数は上がるのです。

これは前回も書きましたが過去、空の会に来てくださった方が見ているのです。

ですからやめるわけにはいきません。

これからも続けます。

 

教室が休みの間にも何人も遠隔でのヒーリングを致しました。

遠隔でのヒーリングはオンラインで出来そうなのでこれから検討したいと

思っています。

 

3月には気の出力アップを皆さんに致しました。

これからもっとレベルアップという矢先にコロナです。

皆さんにお願いです。

自分自身のレベルを上げるために自己暗示をかけるのです。

そのやり方は次回の教室でアドバイスをします。

 

昨日の事です。

月末が近づいたので色んな支払いをしなくてはならないので

銀行に行く準備をしていた時です。

書類に押す印鑑が見当たりません。

『えっ、何で、印鑑どこ行った』家には私しかいないので誰に聞くわけにもいきません。

朝9時から12時まで机の上からテーブルから全部ひっくり返して

探しましたが見当たりません。

大事なものなので他所に持っていくことはありません。

そして、ようやく見つけました。

本当にちょっとした所にあったのです。

見つかるまで頭の中はパニック状態でした。

 

歳が行くと冷蔵庫を開けた瞬間、何で開けたか分からなくなり二階に上がった

瞬間、何のために上がったのか分からなくなり、ひどくなると

椅子から立ち上がった瞬間、何で立ち上がったのか分からなくなると

いつも教室で言ってきました。

しかし、その反面印鑑が見つかった時の感動は言葉に言い表せません。

探し物が見つかった時の感動と言うのは非常に複雑です。

皆さんも同じ経験をされてませんか?

これが歳をとるという事なんです。

 

『子供叱るな来た道じゃ、年寄り笑うな行く道じゃ』

まさに、このとおりです。

お互いに気をつけましょう!

 

『先生、ちゃんと食事とれてますか』

こんな電話を何人もの方からいただき感謝でいっぱいです。

私が一人で食事をしているので、いつも地元のKご夫妻様から夕食の

お誘いをいただき有り難くお言葉に甘えています。

空の会の皆さまは本当に心優しい方ばかりで私は幸せです。

一日誰とも話さない日が何日もありますが私には空の会があり

こんな素晴らしい方々とつながっているという至福感でいっぱいです。

皆さん本当に有難うございます。

コロナが収束したら又、皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。

 

今日太宰府天満宮に行ってきました。

これは早朝ではありません。

午後の2時ごろです。

この光景を見てショックを受けました。

今まで何十回と行きましたが、こんなに人がいない光景など見た事はありません。

門前の土産物店もほとんどシャッターが降りていました。

最初に韓国の人が来なくなり次に中国の人が来なくなりました。

土産物店は、ほとんどがテナントなので家賃が払えずかなりの店が閉店すると

思いますと、駐車場の奥さんが寂しそうにつぶやいていました。

福岡の方も、この光景は衝撃だと思います。

 

脳力開発

昨日、安倍首相が今月末までの自粛要請の延期を発表致しました。

6月には是非教室を再開したいと願っていましたが命最優先です。

もう少し見守っていきたいと思っています。

 

72年の人生で戦争も経験せず、かと言って順風満帆の人生でも

なかったのですが、今回のコロナは未曽有の事態です。

 

人類が大きな転換期を迎えたのではないでしょうか。

このコロナが収束したら世の中が大きく変わると前回、述べましたが

人間の幸せの価値観が変わると思っています。

今まで物質主義であった人類の意識が、その価値観に変化が起きる事でしょう。

 

地球が誕生して48億年だそうです。

そして誕生から現在に至るまでに8回氷河期を迎え、その度に人類は

滅亡してきたそうです。

そして、このまま地球温暖化が進めば氷河期を迎える速度が早くなると

テレビで学者が言っていました。

我々が生きている間には、そこまでいかないと思うのですが

昨日甥っ子の息子が子供が生まれたといって一ヶ月の赤ちゃんを見せに

きてくれました。

その時、ふと思ったのは、この子が大人になったころ地球は

どうなっているのだろうかという事でした。

想像も出来ません。

大変なことにならない事を祈るだけです。

 

これからの世の中はAIが人間にとってかわると以前から言い続けてきました。

スーパーのレジ、タクシーの運転手、銀行の窓口等々、多種多様の職業が

AIに職を奪われます。

 

既に決済はキャッシュレスに変わり現金での支払いは少なくなってきました。

このように時代は大きく変化していきます。

 

ある学者が、このように述べています。

 

『人間が機械に仕事が奪われるというより、今まで機械的な単純労働をやっていた人が、人と向き合う仕事に就くようになるのではないかと思います。例えば、精神科医やカウンセラー、介護士。そしてホスピタリティーが求められるような仕事の需要が増えていきます。

例えば、アナウンサーなども例外ではなく、ニュースを読む以上に、コメントや対話がより重要になっていくのではないでしょうか。

果たして自分は生き残れるのだろうかと不安を感じている人もいるでしょう

これから、もっと技術開発が進んで衰えた肉体や脳の脳力をサポートする仕組みが

出来るようになっていきます。

そういう技術があれば何歳まででも働けるようになります。

日本は人口減少で働き手が減っているので機械が仕事を奪うどころか機械に仕事を

サポートしてもらわないと豊かさを保てない。

ですから、技術でその問題をカバーするのが人間が次にやるべき事だと思っています。』

 

この話を聞いて、まさにこれこそが脳力開発だと実感致しました。

30年前に書いた1冊目の本を意識エネルギーの世界というタイトルにしました。

そして、その後脳力開発という方向に変化していきました。

これは今後も変わることなく継続していきます。

 

 

人類の滅亡、私の父の先祖はどんな人だったろう、母の先祖はどんな人だったろう

そんな事を考えている時、滋賀県のある寺の入り口でこんな掲示板をみました。

明るい未来を信じましょう。

『僕を頼って下さい。いつもそばにいます。』

 

昨夜テレビをつけたら、ある歌の歌詞がテレビの画面に流れました。

この歌詞が胸に響きました。

まさに今、この心境です。

 

皆さんと離れてひと月以上になります。

私も毎日家から一歩も出ない日が続いています。

そして誰とも会話をしない日があります。

まさか、こんな日が来ようとは・・・

 

私が厨房に入り今までやったことのない食事の準備をしていると

前回のブログに書いたら昔、教室に参加していて今も、いつもブログを

見ていますという方から、どうしたのですかと心配のメールをいただきました。

勿論私の私生活をご存じないので現況を説明しました。

それよりも、そんな昔の生徒さんでも私のブログを見てくださっている事に

感激いたしました。

今までに何度もやめようかと思ったブログです。

再度奮起いたしました。

有難うございました。

これからも頑張ります。

 

私の住む街は博多から電車で40分ほどで福岡市のベットタウンです。

若者はたくさん福岡に通勤、通学をしています。

福岡県も500人以上の感染者が出て、この若い人達が福岡市からウイルスを

運んでこないか心配をしています。

まわりは高齢者ばかりです。

 

地球温暖化、今まで人類が豊かさを求め飽くなき追及を続けた結果でしょう。

しかし、コロナが収束したら世界が変わります。

そして今までの生き方が通用しなくなります。

物の価値観、人間としての生き方など今までの概念が通用しない時代が

来て人類の真の幸せが訪れると信じています。

 

そして今、変わらなければ後世の人達につけを押しつけるわけには

いかないのです。

私の若いころの夢と人生の目標は物質的な豊かさばかりを追い求める

ものであり現実的な事ばかりでした。

家を建て、良い車に乗って等々、今この時代になって何か目標を

誤ってきたような気がします。

しかし、これが時代の流れという事でしょう。

コロナが収束したら素晴らしい未来が来ると信じています。

皆さん明るい未来を信じ今を耐え抜きましょう。

 

コロナが終わり皆さんと笑顔でお会いするのを楽しみにしています

 

京都大原三千院の庭に鎮座していました。

こんな心境になりたいものです。

皆さん、お分かりでしょうか?

飛行機の座席のひじ掛けに灰皿がついています。

私の若いころ飛行機の中では喫煙が当たり前でした。

そして、いつの頃からか灰皿が使用禁止になりました。

今、考えたら隔世の感があり世の中の変化が良く分かります。

こうして、これからも時代と共に世の中が変わっていきます。

安穏

朝、テレビをつければ、コロナ、コロナ、コロナ

夕方のニュースでは有名女優さんがコロナで亡くなったと報じていました。

 

皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

ご無事を祈っています。

 

3月の時点では2~3ヶ月で収まるだろうと思っていました。

しかし現実は違っていました。

経済は落ち込み今まで経験した事のない事態になってしまいました。

これからどうなっていくのか誰も予測が出来ません。

 

福岡教室の生徒さんで我が家の近くにお住いの、ご夫婦が私の生活を

気遣っていただき食事に招いてくださいます。

そして毎日食事はどうしているのかとかご心配をいただき

本当に有り難く感謝の気持ちでいっぱいです。

そして夜、入浴後は必ず事務局に電話をかけて無事を伝えるようにと

アドバイスをいただきました。

入浴中に倒れたら誰も助けがありません。

 

他の教室の方とも電話をするのですが、皆さんからもご心配をいただき

毎日感謝の日々を送っています。

元々料理が苦手で、この歳まで厨房など立った事はなかったのですが

今は必要に迫られ料理にチャレンジしています。

ハムエッグ、鍋、焼肉などいたしますが、スーパーに行けば

パスタ、チャーハン、カレー、焼きそばなどレトルト食品が

多種多様あり料理には不自由しません。

 

特に今は自粛の日々が続いているので電話以外誰とも話す事がないので

声の出が悪くなってしまい小さな声になってしまった気がします。

 

今までの人生を振り返ってみて思う事は72年の間、不安、心配の

人生だったような気がします。

心休まる時間というものを感じた気がしません。

考えてみたら皆さん誰しも同じではないでしょうか。

仕事の心配、健康の心配、生活の心配等々

しかし、前回も書きましたが心配の9割は現実のものとなりません。

本当に現実になるのは1割です。

 

猿は怒りと恐れという感情しかありません。

唇が上を向いているときは怒った時、下を向いた時が恐れている時です。

 

人間はまさに多種多様な感情を持っています。

そして、その感情ゆえにもがき、苦しみ一喜一憂するのです。

 

特に今が不安の絶頂期です。

しかし、みんなで協力し乗り越えれば又、幸せな日々が訪れます。

そのためには今日の女優さんのように悪夢と遭遇しないように

気をつけなければなりません。

 

皆さん、苦しい時、辛い時、悲しい時、教室での楽しいひと時を思い出して

みんなで手を取り合い励まし合って嵐が過ぎ去るのを待ちましょう。

そして今度の教室でお会いした時には3月に10倍にした気の量を20倍に

していただくのを楽しみにしています。

前回気を送る写真を載せましたが、この写真から気をもらったら体調が

良くなったとメールをいただきました。

嬉しいご報告です。

皆さん、是非気を受けて下さい。

 

我が家の近くの小京都、秋月です。

桜の時期以外、観光客は誰もいません。

嵐が過ぎ去るまでの辛抱です。

本日、全国の都道府県に緊急事態宣言が発せられました。

福岡県には特定警戒都道府県の指定がなされました。

 

過去、人類が遭遇した事のない非常事態が起きています。

皆さん、毎日不安な日々を送っておられる事と思います。

特に高齢者が罹患すると重症化するという事をテレビで報じています。

空の会の皆さんは私を含め大多数の方が高齢者です。

『皆さんと会えないのが寂しい残念だ』という声が事務所に寄せられています。

勿論、私も同じ気持ちです。

 

京都教室でお世話になっているホテルが患者受け入れ先になってしまいました。

これも、この先どう対処するか考えねばなりません。

 

しかし、ここは何としても命を守らなければなりません。

この嵐が過ぎ去れば、いつでも、いくらでもお会いできます。

共に耐えましょう、そして家にいましょう。

前回、皆さんのお顔を思い浮かべながら遠隔で気を送っていますと

書き込みをしましたら『気を受ける時は普段着では失礼だから』という声を

いただきました。

空の会の皆さんは本当に真面目な方が多いなあと胸が熱くなりました。

気を送る時、皆さんのお顔は思い浮かべますが着ている物まで見えません。

正装でなくて結構です。

パジャマでもオーケーです。

大事なことは、いつどんな時でも私と皆さんはつながっているという事です。

 

この非常事態ですが出口のないトンネルはありません。

明けない夜はありません。

 

『今、私は幸せの階段を登っています』

急成長した企業の経営者の一人から、以前こんな言葉を耳にしました。

そのような経営者をたくさん知っています。

急成長した企業の経営者にとって今は存続の危機に瀕している事でしょう。

 

天下を統一した豊臣秀吉が徳川家康に破れ大阪城を落城する時に

『露と落ち露と消えゆくわが身かな、浪速の事も夢の又夢』

最後にこの句を残して果てました。

 

この世において永遠という事はありません。

幸せの階段が永久に続く事などありません。

人生何が起きるか一寸先は見えないのです。

しかし命まで奪われる事はありません。

命さえあれば、又復活する事が出来ます。

皆さんくれぐれも命を大切にして下さい。

『空の会』が無くなる事はありません。

皆さんのご無事を祈っています。

 

気を受けて下さい。

メニュー
浦田紘司著書
気の極意
気の極意

「気」を自在に使いこなす
「気」を自在に使いこなす
過去の記事