AI(人工知能)

8日に福岡教室の特選会を実施致しました。

今回は教材として中学3年の男子がきました。

学校ではバスケットをやっているそうですが3ヶ月前から急に

走る事が出来なくなり病院で検査をしたところギランバレーという

診断が下されました。

これは難病で最後は歩く事も出来なくなります。

特選会のメンバーで中学校の先生が連れて来られました。

 

いつものように気を送ったところダッシュが出来るようになりました。

どのように気を送ったか今月の教室で詳しく説明をしたいと思っています。

 

先日NHKのテレビでAI(人工知能)の特集をやっていました。

2020年までに飛躍的に進歩するという内容でした。

例えば先述の難病などAIが診断をすれば誤診などなくなり

医師はAIの診断の結果を患者に告げるだけになってしまうというものでした。

又、製造業などは、ほとんどAIが人間にとって代わり人間の仕事は

なくなってしまうそうです。

AIが1台導入される事で100人の人間がいらなくなってしまうそうですが

問題は100人の人が払っていた所得税はどこから徴収するのかという事だそうです。

そしてAIの導入で世界の1パーセントの人の所に富が集まり99パーセントの

人が貧困に苦しむという事でした。

我々高齢者は良い時代に生まれて来たものだと思いましたが

これからの若い人たちの世界はどうなっていくのか見守るしかありません。

 

人間の仕事がAIにとってかわる時代がすぐ目の前に来ていますが

いかに高性能のAIでも気を出すことは不可能であろうと思っています。

少なくとも私が生きている間はAIの気を体感する事はないだろうと

そんな事を思いながら特集を見ていました。

又はありません。

前回、命について述べました。

いつかは、くるお迎え。

それを知る人はいません。

今日なのか明日なのか。

しかし生きていれば必ず最後の時がやってきます。

『今を生きる』

 

以前、人間にも四季があると述べました。

10代は春です。

春の山野草にはアクがあり食する前にあく抜きをしなければなりません。

青春時代のニキビと同じです。

20代から30代は夏です。

エネルギーに満ち溢れ、食物では最高の食べごろです。

そして40代から50代は秋です。

そろそろ盛りも過ぎ秋風が身に沁みるようになってきて

若き日のエネルギーにも陰りが見え始めます。

その昔、織田信長が人生50年という言葉を残しています。

この年齢でプロのアスリートは、ほとんどいません。

そして60代以降からは冬の季節に入っていきます。

寒さを耐えながら人生の終末を迎えるのです。

 

私も自分自身を振り返ってみて旬の時期がありました。

後は惰力で終末を迎えなければいけません。

 

今日、古くからの友人で温泉ホテルのオーナー夫妻を訪ねてみました。

友人は私と同じ年ですが3年前に社長の座を息子に譲り現在は病気療養中で

ホテルにはいませんでした。

女将は足が悪く部屋から出る事が出来なくて電話で話をしましたが

顔を見れないのが残念だと悔しがっていました。

身体に気をつけるようにと言い残してホテルを後にしましたが

帰る道すがら今までの思い出が走馬灯のように頭の中を駆け巡り

もう会う事もないだろうなあと心の中に冷たい風が吹き抜ける気がしました。

 

人は別れ際に決まって、じゃあ又!

と言います。

しかし、又というのはありません。

 

『一期一会』

 

今日を、そして今を大切にしたいものです。

 

最近『運』という事について考えるようになりました。

飯塚出身の某大臣は炭坑王の孫に生まれ何不自由のない幼少年期を

過ごし若くして国会議員になり総理まで登りつめました。

同じ飯塚に生まれ何不自由ばかりの幼少年期を過ごした私と何が

違うんだろうかといつも思います。

つまり、これが『運』という事なんだろうなあと思っています。

 

人間は生まれたときに、その人が背負えるだけの運が用意されており

文句を言わず不平不満を言わず最後の時まで全うしなければなりません。

 

教室の内容も日進月歩、日々変化を遂げています。

今まで相手に気を送る時は消防の放水銃のように気を送ると

言ってきましたが今は大きな気の玉を相手の頭の中にドーンと入れると

仮死状態のようになり覚醒したときは体が大きく変化しているという事に

気がつきました。

つまり体が生まれ変わったような感じになるそうです。

そして仮死状態の時には、どこか遠くに行っているような気がすると

皆さん口を揃えて同じ感想を述べます。

 

今月はもっと進化した講義を行います。

 

何だか海を見たくなって行ってきました。

平日でしたが夏の海なのに人っ子一人いませんでした。

ここにも過疎化が進んでるのかなあと思いました。

 

先週、東京教室に向かう飛行機が羽田に着陸して携帯の電源を入れたら

友人からのメールが入っており『先ほど娘が旅立ちました』との

内容でした。

お嬢さんは40代、明るく美人でとても素敵な方でした。

何度も一緒に食事をした中なので頭の中が真っ白になりました。

もう言葉がありません、あまりにも若すぎます。

人の命のはかなさを痛感いたしました。

悲しさで、その後の教室は何を語ったか記憶がないくらいでした。

 

人はいくら健康に気をつけても、ある日突然予期せぬお迎えがきます。

『今を生きる』

まさにこの言葉通り一分一秒を大切に生きたいものです。

 

今月の特選会では、より進化した講義を行いました。

相手の脳に強力な気の球を送りこみ意識を取り去ってしまうのです。

つまり仮死状態に近い現象です。

そして元に戻った時には疲れがすっかり取れ生まれ変わったような

身体と心に変化します。

このような状態を具現化出来れば歯医者さんでの抜歯の時に麻酔を

する針の痛みから解放されます。

 

いつも教室で言うように気を送って症状を改善させる事と脳に入り込んで

不定愁訴を改善させる方法と二種類のやり方で結果を出すのです。

後者の方法は書面では伝えにくいので詳細を教室で伝えたいと思います。

 

先週初めてスカイツリーに行ってきました。

いつも飛行機の機内から見ている景色に似ているので大きな感動は

ありませんでした。

秋月では燕の子が元気にさえずっていました。

サワガニも清流を闊歩していました。

もっと豊かに

先週の東京教室での事です。

 

2年前に交通事故で鎖骨を折り、そこにボルトと鉄のプレートを

入れた後、腕が上がらなくなり困っているという男性を教室の方が

連れて来られました。

ドクターの見解は腕が上がらないのと金属が入っているのは

関係ないとの事でした。

しかし実際は腕が上がらず困っておられました。

 

肩の付け根の筋肉が硬直していたので、そこに気を送ったら

すぐに筋肉が緩み腕が上がるようになりました。

 

60代の女性は顎関節で口が開かず無理に開けようとしたらこめかみと

頭に激痛が走るという事でした。

歯医者に行ってレントゲンを撮ったら、こめかみの所の骨がギザギザに

なっていて、それが原因との事でした。

 

まず、いつものように両顎の筋肉に気を送りましたが、まだ完全に痛みが

取れてないと言われるので最後の手段で頭にある痛みを感じるスイッチを

オフにしたところ一瞬で痛みを感じなくなり口を大きく開けても全く

問題がなくなりました。

 

日本では腰痛患者が2800万人いるそうですが、その中で原因が

はっきり分かるのは20パーセントだそうで後の80パーセントは

原因不明だそうです。

しかし、この顎関節の方のように原因は自分自身にあるのです。

私は自分自身でオンにしたスイッチをオフにする事で苦痛から解放

してあげてるのです。

 

もう一人、某大学の学生が足の疲労骨折できましたが、これも骨折の

場所に気を送ると数分で走れるようになりました。

 

このように病院でどうにもならないものを今まで数え切れないほど解決

してきました。

これからは方向性を変えて難病や医学で解決出来ないものにチャレンジ

していきたいと思っています。

 

話はかわりますが、若い治療家の皆さんが中々教室を続ける事が

出来ないのは経済的な理由が大きいのだろうと思っていましたが

ある方からの情報で、やはり経済的な理由で教室に通えないという

事が分かりました。

 

私は今までに素晴らしい治療結果を出して適正な報酬を確保し豊かに

なって欲しいと若い治療家の皆さんに何度も檄を飛ばしてきました。

正当な報酬を得て豊かになる事は決して悪い事ではありません。

 

治療家の皆さん、頑張って下さい、そしてもっと豊かになってください。

その為には気持ち良くしてやっていてはだめです元に戻さなくては

いけません。

 

キリストも手からエネルギーを発していたようです。

 

細く長く

3月は雑務に忙殺されましたが4月も同じような状態が続いており

ブログも遠のいてしまいました。

40年近く営んできました武道具店の看板を今日降ろしました。

看板がはずれる時こみ上げるものがありました。

この看板にはたくさんの思い出がつまっています。

そんな忙中でも感動は続いています。

 

4月にはロスのTさんから首と肩の痛みに悩まされていて遠隔の依頼があり

遠隔を行った後、病院に行って医師の診察を受けた結果、帯状疱疹の診断を

されたので、その結果をラインで頂きました。

 

一度目のラインです。

 

『先生、先日は有難うございました。

今日病院に行ったら帯状疱疹だと言われました。

首と肩の痛みもこれからきているそうです。

これは水疱瘡ウイルスが疲れやストレスで出てくるそうです。

これだけ湿疹があったら相当痛いでしょうと言われましたが

先生に遠隔で気を入れていただいたので痛みはほとんどなく

びっくりされました。

先生に気を入れて頂いていない所は痛みがありますが

気を入れて頂いた所は触っても痛くありません。

きっと早く完治すると思います。

湿疹が広がり頭や耳の中に出来、そこは痛いです。

体の痛みはありますが、以前よりましです。

有難うございます』

 

そして一週間後二度目の遠隔を行った後再度ラインを頂きました。

 

『すごく良くなってきました。湿疹がかさぶたになってきました。

今は痛みがほとんどありません。凄い速さで良くなりました。

奇跡的です、先生のお陰です。有難うございます』

 

という遠隔の結果です。

 

もう一件、福岡教室のSさんが産後の視力障害のため老眼鏡を

かけるように医師から進められ困っていると相談がありました。

老眼の状態が普通の人より10年早いそうです。

早速教室で視力アップの気を送ったところ翌日メールがきました。

 

『福岡教室のSです。昨日は目に気を送って下さり有難うございました。

おかげさまで劇的に見えるようになったわけではないのにピントが

合うようになり目が全く疲れません、老眼鏡いらないです。

頭痛もとれました。摩訶不思議!

さらに目をつぶっても眼に力が入るくらい見えない痛いのが辛かったのが

昨夜は全く痛くなく、ぐーっすり眠れました!毎晩不眠症だったんです。

先生、すごいっ!有難うございました』

 

今回二人の方からラインとメールを頂きました。

勿論、お二人の了解を得て掲載させていただきました。

 

 

この、お二人に共通しているのは熱い信頼関係です。

勿論教室の皆さんとは熱い信頼関係で結ばれています。

 

時々お子さんの視力アップの相談がありますが丁重にお断りしています。

何故なら視力アップが、どれほど奇跡的な事か理解してもらえないからです。

わずか数分で0,1が1,5や2,0にアップするので簡単に受け止められ

その後も上がった視力を大事にしてもらえないからです。

今までに何度も虚しい気持ちを味わいました。

 

70の声を聞いてから、すごく老化のスピードを感じるようになりました。

これからも教室の皆さんと長いお付き合いをするために細く長く

生きようと考えるようになりました。

 

その手始めに今まで永年、土曜、日曜、開催していた東京教室を

6月から土曜日のみ開催することにいたしました。

すでに先月、日曜教室の皆さんには了解を得ています。

 

これからは歳を追うごとに加齢が進んでいきます。

長くお付き合いを続けるためには無理をせず年齢にあったペースで

歩んでいきたいと思っています。

ブログも間隔があいてしまいますが何卒ご容赦ください。

 

私のお気に入りのエネルギースポットに気を浴びに行きたいのですが

時間がないので過去の写真を見ながらエネルギーを頂いています。

 

 

メニュー
浦田紘司著書
気の極意
気の極意

「気」を自在に使いこなす
「気」を自在に使いこなす
過去の記事