時の人時が過ぎればただの人

先日、博多駅で『先生、後姿を見たので追いかけてきました』と男性から声を

掛けられました。

よく見るとキャップをかぶっていましたがソフトバンクの往年の

4番バッターでした。

『おう、久しぶりやねえ、元気やった?今どこに住んどると・・・』

数分間の事でしたが久しぶりに立ち話をして握手で別れました。

そして彼は普通に駅の雑踏の中に消えて行きました。

沢山の人がいる中、誰も気づく様子はありませんでした。

現役の頃なら、とても博多駅の中など歩けなかった事でしょう。

こんな時、彼らはどんな思いで雑踏を駆け抜けるのだろうか???

折しもソフトバンクが日本一を目指している時でした。

 

『時の人、時が過ぎればただの人』

 

こんな言葉が浮かんできました。

若い時代華やかな世界に身を置けば置くほど悲哀を感じるのかなあと

現役を離れ一回り小さくなった彼の背中を見送りながら人生の縮図を

見るようでした。

 

ふっと我に帰りました。

彼と最初に会ったのは26年前の事です。

大学を出て福岡の球団に入団した彼、その時、私は44歳でした。

気がつくと後3ヶ月で71歳になります。

先月風邪をひいて1ヶ月苦しみました。

食欲もなくなり昨日体重を測ったら66キロあったのが60キロに

なっていました。

数年前にはこんな事はなかったです。

体力がなくなり、これが歳を取るという事かと愕然としました。

と同時に後何年続ける事が出来るか考えるようになりました。

ネガティブだという声が聞こえてきますが、そんな問題ではありません。

もっと現実を直視しなければなりません。

 

今まで病に苦しんでいるたくさんの人に無差別に手を差し伸べてきました。

そしてたくさんの人を救ってきました。

しかし、その反面不快な思いもたくさんしてきました。

もう、この辺で立ち止まって、もっと自分を大切にしようと思いました。

教室はこれまで通り続けますがヒーリングを制限する事にしました。

今後ヒーリングの対象は空の会の会員さんを対象とし、そのご家族までと

致します。

会員さんの友人に関しては会員さんが責任を持ってご紹介いただくと

いう場合に限ります。

又、ご紹介のないものは全てお断りする事にしました。

 

目的は、あらゆるトラブルを回避するためです。

決してもったいぶってるのではありません。

あまりに不愉快な事や理不尽な事が多すぎるからです。

これらをご理解いただいた上でヒーリングを行いたいと思っています。

 

今週、金曜日は名古屋教室、土曜日は東京教室、日曜日は東京特選会です。

老骨に鞭うって臨みたいと思っています。

体調

今月10日の事でした。

夜、床についた時は暑くもなく寒くもない晩秋の心地よい

気温に包まれて眠りにつきました。

しかし朝方強烈な寒さに体が震えながら目が覚めました。

数時間で一気に初冬の空気に変わっていました。

慌てて布団を重ねましたが、時すでに遅し体は冷え切り

そのまま風邪をひいてしまいました。

あれから3週間、やっと鼻水が止まりティッシュペーパーの

量が減ってきました。

その間、東京、名古屋、京都、福岡の教室を行い

昨日、今月最後の熊本教室を終え夜11時頃帰宅しました。

京都ではあまりの絶不調のため深夜京都駅のそばの救急外来に

駆け込みました。

特に終盤の福岡教室では絶不調が最高潮でした。

食欲がなく体重も3キロほど減りました。

 

以前同級生たちが(あんたいいなあ、仕事であちこち行けて・・・)

と言ってました。

彼らは年金暮らし、毎日がゴールデンウイークです。

ちょっと体調が悪かったら3日でも4日でも寝てていいのです。

しかし私は状況が違います。

教室は私の大事な仕事です。

皆様から貴重な対価をいただいてます。

どんな状況でも弱音を履くわけにはいかず這ってでもいかなければなりません。

この30年休まずに教室を続けてきました。

 

ブログが途絶えてると事務所にも電話をいただいたようですが

このような状況なので何卒ご容赦ください!

 

今までにも1年に一度風邪を引きますが今回のように長引いた

のは初めての事なので、やはり年齢とともに共に体力が低下

していて歳をとるというのはこういう事なんだなあと実感しました。

 

これから寒さに向かいます。

皆さまも風邪に気をつけて冬を乗り切って下さい。

 

来月は特選会、実技講習会と予定が詰まっていて早く

元気にならければと思っています。

 

特選会はプロ、及びこれからプロを目指す方達の勉強会です。

数年前に発足しましたが対象は5年以上空の会に参加して

くださっている方達に声をかけてきました。

しかし自分の年齢を考えると、もう5年とか言っておれなくなりました。

そこで特選会の他に東京で実技講習会を立ち上げました。

参加者15人でスタートしようと思っていましたが

30名近い方の申し込みをいただき来月実施いたします。

今回初めての試みなので今後どうするか状況を見て判断したいと思っています。

 

今まで気を送る事で痛みを瞬時に解消するというやり方を実践してきました。

しかし強力な気のかたまりを頭の中に送り込み年齢を退行させる事で

10年前、20年前の身体に戻るという目的で気を送ると劇的な結果が

現れる事が分かりました。

中にはフィルムの巻き戻しのように、パタパタと音を立てて年齢が

さかのぼっていく気がするという方もいました。

本当に肉体が変わっていくのです。

催眠術ですかと言う人がいました。

私は催眠術を習った事もありませんし学んだ事もありません。

 

焼酎とウイスキーの味の違い、スイカとメロンの味の違いを言葉で

言い表す事が出来ないように年齢退行、時間退行を言葉や活字では

表現出来ません。

以前、東京教室で難病のジストニアを回復させた事があります。

これと似たような症状のトゥレット症候群という難病の存在を

NHKのEテレで知りました。

是非チャレンンジしてみたいと思いました。

 

 

治療家の皆さんの生活がもっと豊かになることを願って

1万円の対価が現実のものとなるように叱咤激励してきましたが

ある事をきっかけに、その事が彼らにとってプレッシャーを与えている

事に気づかされました。

つまり小さな親切大きなお世話だったと気づかされました。

これからは1万円の対価を得るための手段、対策等の質問には

喜んでお応えしますが、こちらからの積極的な呼びかけはやめる事に

しました。

 

後3ヶ月ほどで71歳になります。

11月2日には免許更新の前の高齢者講習会を受けなければなりません。

最近目がかすむので眼科に行ったら軽度の白内障と言われました。

加齢からくるもので数年後には手術の必要性があると言われました。

つまりこれが歳をとるという事なのです。

 

いくら気を自在に扱うことが出来ても肉体は生身です。

来年からはラストランに向けて計画を立てて、なるべく細く長く

頑張ろうと思っています。

 

11月23日(金)は久しぶりに熊本で無料体験会を実施したいと

思っています。

抗がん剤と抗体

先日鎖骨骨折を回復させたという方から昨日電話がかかってきました。

あの後、骨折した方が病院でレントゲンを撮ったら骨がくっついて

いてドクターが不思議がってたそうです。

 

又、別の教室では10数年前から股関節脱臼で歩くのが不自由に

なり杖を2本ついて歩いていた60代の女性が毎回教室に通う内に

徐々に回復してきて先週久しぶりに整形外科でレントゲンを撮ったら

脱臼がすごく良くなってドクターがびっくりしてたそうです。

そして以前から手術を進められていたのですが、それも中止になったと

喜びの電話がかかってきました。

この女性は20年前の身体に戻しました。

 

こうして毎日のように感動のメールや電話をいただきます。

 

今日もある教室の方からメールをいただきました。

ご本人の承諾を得てご紹介いたします。

 

『先生こんにちは、いつも有難うございます。

ノーベル生理学・医学賞を受賞された本庶特別教授の会見を見て

教科書を信じてはいけない、好奇心を持って諦めない事だ!とおっしゃった

二番じゃだめなんですか?と言った議員がいますが、日本はもっと

研究費を出せばもっと色んな研究が出来るのにと、大阪で遺伝子の

研究をしている長女の研究室を思わずにはいられません。

癌に効く薬を発明しても又それより強い抗体を持つ癌が出来るような

気がします。しかし暫くは切って取れば治ると言った某医師の時代が

日本医師会がある限り続くのかも。

先生のパワーは、どんどん強くなり先月、若返りのパワーをいただき

腰が軽くなり腰痛もなくなりました。長女の卵巣嚢腫を治して下さった事を

感謝せずに居られません、どんな大臣や偉い方の名前を忘れても

浦田先生の名前は一生忘れません。

私は実家の父が心筋梗塞であっという間に旅立ち、そのショックで

パニック障害になり某医師のクリニックへ毎日点滴、自律神経が

おかしくなりました。そんな時主人は死後はどうなるんだろうとか

いろんな本を読み、たどり着いたのが気の世界でした。

早速先生の教室に通い始め私も話を聞いているうちに

行きたくなったのが先生との出会いです。

ですから先生とのご縁を見つけてくれた主人に感謝感謝です。

 長くなってすみません。

毎月の教室を楽しみにしています。有難うございます。』

 

という大変有り難いメールをいただき、只々恐縮しています。

有難うございました。

私もサラリーマン時代10数年薬業界に席を置き病院と関わって

きました。

この方がおっしゃるように、どんな高度な抗癌剤が出来ても

又、それをはるかに凌駕する抗体が必ず出現します。

つまり、薬と抗体とは永遠にイタチごっこなのです。

又、寿命が伸びるのは素晴らしい事ですが、これからも経済的に自立できず

社会に依存するしかない高齢者が増加するのは大きな社会問題です。

今や医療費は40兆をはるかに超え、その中でも薬剤費が10兆円です。

そして、それを担うのは子や孫たちです。

果たして長寿を手放しで喜べるでしょうか?

高齢者になった自分を振り返り自問自答しています。

 

近くの道の駅に野生のキツネが住み着いています。

まだ子ギツネのようですが、ずいぶん人馴れしています。

昨日もちょっと寄った時におやつをあげてきました。

天の教科書

病気をする前の身体に戻すと、あっという間に痛みが取れるという

年齢退行を、ここ数か月前から行っていますが驚くほど

顕著な効果が現れます。

 

昨日東京の方から電話があり仕事の関係の人の鎖骨骨折を瞬時に回復させたので

相手の方がびっくりしておられ、おまけに最近ギクシャクしていた

関係が一気に改善しましたと、喜びの報告をしてくれました。

 

先日の熊本教室では数週間前から肩が痛いという女性に痛くなる前に

時間を退行させると一瞬で痛みが取れました。

 

又、中学校の先生をしている女性が同僚の先生のぎっくり腰を一発で

回復させたと喜びの報告をしてくれました。

 

60過ぎの男性は20年前の身体に戻したところ教室終了後に

誰かが自分の靴を間違えて履いて帰ったようだ。

この靴は大きすぎて自分のではないと困っていました。

しかし、不思議なことに間違える該当者はいません。

そして自宅に戻って奥さんに事情を話したところ、これはあんたの

靴たい(熊本弁)と、すごく叱られたそうです。

年齢が退行すると足も若返ってサイズが変わるのかと不思議な体験でした。

 

毎回前期、後期の変わり目に永年教室に来てた方がスッと姿を消します。

40年近く教室をやっていて数え切れないくらい味わってきました。

以前は何かあったんだろうかとか、心配をしていましたが最近は気にする事も

なくなりました。

勿論やめる時に挨拶をしろなど、そんな横柄な事を言っているのではありません。

くれぐれも誤解のないようにお願いします。

電話も頻繁にかかって来てた方がある日を境にプッツリかかって来なくなる

事もしょっちゅうです。

以前は何か気に入らない事があったのかとか気にしていましたが

それもとりこし苦労です

1年間連絡がない場合携帯から番号を抹消します。

もちろん登録のない電話には一切出ません。

 

そんな心を痛めるような事も先が見えてきました。

長い道のりでした。

あと数年でこんなトラウマから解放されます。

ゴールに達したら、それ以降はこんな事に一喜一憂しないで済むように

のびのびと仕事をしたいと思っています。

勿論それには元気でいなければなりません。

元気でいれば80でも90でも仕事を続ける事が出来ます。

いつもこんな事を言ってたら、皆さんうんざりかもしれませんが

これは現実の話です。

 

後4ヶ月で71歳になります。

4ヶ月後に免許の更新があるのですが更新の前の

高齢者講習通知のハガキがきました。

これは認知症や動体視力などの検査のための講習らしいです。

これでオーケーが出てやっと免許更新です。

高齢者になったという実感が湧きました。

しかし高齢者はゴールドであっても次の更新は3年後らしいので

がっかりしました。

 

これから10年くらいあっという間にきます。

早く気を習得して先述の先生方みたいに人を癒せるようになって

欲しいのです。

 

しかし、それにしても相変わらず毎晩毎晩天の教科書が新しい

情報を提供してくれます。

これからは年齢退行と共に天の教科書の入手方法を教えたいと

思っていますが、これはそう簡単にはいきません。

相当の覚悟で臨まないと手に入れる事は困難です。

 

以前ある大学教授から情報の垂れ流しは駄目ですよといさめれました、

その辺も含めて残りの人生を充実させたいと思っています。

良いご縁を

今日は朝から雨が降っています。

 

今週の日曜日は熊本教室、翌日の月曜日は福岡教室です。

これで9月の教室は終了です。

 

今日、来年2月15日の飛行機の予約を致しました。

飛行機は大体半年先の予約を入れます。

2月15日は京都教室の前日であり、私の誕生日です。

71歳になります。

 

今日、ある方とこんな話をしました。

これからは頑張るのではなく身体に気をつけて

細く長く続けていきたいと思っていますと!

 

先日の京都教室の事です。

以前、四国教室に来ておられた男性が、これから京都教室に

通いたいと、ご夫婦で参加されました。

奥さんはスクワットのやりすぎで1ヶ月前から膝を痛め正座が

出来なくなり地元で有名な整体に行ったところ背骨は真っすぐだけど

膝が治るには1年かかると言われたそうです。

しかし、私が見ると明らかに背骨が歪んでいました。

その結果、膝に支障をきたしているのです。

皆さんに、しっかり背骨を見てもらい彼女の前方から気を送りました。

するとすぐに上半身がグラグラと揺れ始め一瞬グラッと大きくゆれました。

そしてその直後、瞬時に膝の痛みがなくなり正座が出来るようになりました。

ご主人にその間の時間を聞くと約10秒ほどだとの事でした。

整体、整骨と私とはやり方が全く違います。

つまり、3S『シンプル、スピーディー、シュアリー』とはこういう事です。

 

京都教室の女性のSさん、永年教室に参加していただいています。

何年か前にお孫さんが生まれ、その世話で1年ほどお休みさせて

もらいますとおっしゃって1年後に復帰して下さいました。

今まで当分お休み致しますと言って復帰された例はほとんどありません。

そして今回も2人目のお孫さんの誕生で1年お休みされ10月から

復帰されます。

 

1人目の時、赤ちゃんに緊急事態が起き遠隔でヒーリングを行い

見事に回復いたしました。

今回2人目のお孫さんも気管支炎を起こし入院されましたが

これも遠隔で気を送ったところ無事退院する事が出来ました。

どちらも教室をお休み中の事です。

 

教室ではいつの間にか姿が見えなくなる人がほとんどです。

そんな時、病気でもされたのではとか入院でもされたのでは

不慮の事故でもあったのかとすごく心配します。

 

熊本教室、福岡教室が終わって又書き込みをしたいと思っています。

メニュー
浦田紘司著書
気の極意
気の極意

「気」を自在に使いこなす
「気」を自在に使いこなす
過去の記事