ふと思うという事

冷え冷えとした、凍てつくような空気が、ここ数日続いていますが

さすがに日中は車の窓を少し開けて走るという春の訪れを感じて

いる今日この頃です。

しかし世間は大変なことが起き毎日コロナウイルスのニュースで

もちきりです。

いよいよ我が福岡県でも2名の患者が出たとニュース速報で報じていました。

高齢者が罹患したら命の危険にさらされると報じていました。

私も先週15日に72歳の誕生日を迎え人ごとではなくなりました。

 

今日は面白い話を報告します。

 

教室でもブログでも、ふと思うというAIでは決して真似の出来ない

人間しか出来ない脳力について話をしています。

 

今朝の事です。

7時に目が覚めてぼーっとしていました。

その時、天の教科書のページが開いたのです。

 

朝、ドラッグストアに行け、マスクが手に入るぞというメッセージでした。

しかし、そのドラッグストアは普段利用しない店舗です。

急いで顔を洗い開店の時間に間に合うように店舗に行くと3人ほどが開店を

待っていました。

私もその列に並び開店と同時にマスクの箱が並びゲット出来ました。

棚に並んだのは、たったの5個でした。

その内の1個をゲット出来たのです。

それも中国産ではなく純国産です。

もちろん、こんな田舎でもマスクは簡単には手に入りません。

何だか宝くじが当たったような気分で店を後にしました。

 

ふと思うという天の教科書、天からのメッセージを体感した朝でした。

皆さん心静かに天からのメッセージに耳を傾けて下さい。

必ず聞こえてきます。

 

一昨日初雪が降りました。

2月18日に降ったのは福岡では109年ぶりだそうです。

今どきのペットは!!!

早いもので節分も終わり我が家の梅の花も散ってしまいました。

昨日のTVのニュースは神社の豆まきばかりを報じていました。

今日の九州は冬の冷たい風ではなく頬をなでる心地よい春の風でした。

春はもうすぐ、そこまで来ています。

しかし私の住んでいる田舎のドラッグストアでもマスクは売り切れです。

今週は東京教室、東京には飛行機で行かなくてはなりません。

狭い機内、しっかりマスクをして行こうと思っています。

 

こんにちは赤ちゃんの歌声で一世を風靡した歌手の梓みちよさんが

急死したと今朝のテレビで報じていました。

76歳だそうです。

私も若いころ、この歌を何度も耳にしました。

毎年銀幕のスターや一世を風靡した歌手たちが次々と世を去って

いきます。

後10年もすれば我々団塊の世代もかなりの人数が世を去る事でしょう。

 

地球が誕生して46億年だそうです。

この間古い命がどれだけ世を去り新しい命がどれだけ生まれたでしょう。

私も残りの方が少なくなってきました。

これまでやり残したことをやり遂げなければなりません。

 

先月京都教室で大きな感動を味わいました。

詳しくは教室で話したいと思っています。

 

どうやったら気が出るようになるんでしょうか?

いつも聞かれます。

その前に毎日気を出す訓練をしていますかと

聞くと大方の人が首を横に振ります。

満員の電車に乗るには乗客が降りなければ後の人が乗る事が出来ません。

それと同じで気は出さなければ入ってこないのです。

出せば入ってくるのです。

 

先月から教室では気を出す事のみ集中して実践しています。

今週末の東京教室ではその辺りを軸に学びたいと思っています。

 

我が家の近くの女子中学生の姉妹です。

ペットの姿を見て驚きました。

世の中も変わりました。

ペットは爬虫類です。

名前もありました。

エサはごきぶりです。

えさも飼育しています。

新しい年に向かって!

嵐と闘いながら長期間生活を続け心身ともに疲弊いたしましたが

昨年末にようやく幕を閉じる事が出来ました。

 

その間PCに向かえる状態ではなく、新年を迎える事になりました。

教室の何人もの方から今日は書き込みがあったかなと折に触れブログを

開いていますというお言葉をいただき、今日やっと御輿を上げる事に

致しました。

 

来月15日で72歳になります。

ある教室の方から『まだ死なないでくださいよ』と励ましの言葉と

共に喝を入れられ奮い立ったところです。

 

最近テレビではAIの番組が盛んに報じられています。

今後AIにとって代わられる職業がたくさんあるそうです。

特に今後10年で、公認会計士、弁護士、税理士という職業が今の

半分になるそうです。

その他、スーパーのレジ、タクシーの運転手、銀行員など多種多様な

人達が職を失うことになると言っていました。

 

それが現実になるころには我々はもうこの世に生存してないかもしれません。

いずれにしても、この10年くらいで世の中は大きく変化する事でしょう。

 

前回も書きましたが、AIが絶対に真似できない人間だけにしか出来ない

それがふと思うという事です。

正月の間も、ずっとふと思う事に意識を集中していました。

そしてある事が閃きました。

天の教科書からの情報です。

勿論、新しい情報を今月の教室で詳しく話したいと思っています。

 

ある教室の方から、こんなメールをいただきました。

 

『教室の日は行きつけの食事処で昼食を済ませて時間を潰して教室に行きます

其処は長いお付き合いで、今日は何処に行くの?稽古事?といつも聞かれますが

誰にも言いません、気の世界など到底信じない方達だからです、こんな世界

力を持った先生が身近にいらっしゃる事を自慢したいのですが無理です

私は先生にお会い出来たことを誇りに思っています。まだまだ蛇口はチョロチョロ

ですが教室の皆さんが優しい方ばかりで楽しみにしています、あとつづく』

 

というメールをいただきました

 

今までにも、どんな感動を体験しても人には言えませんという言葉を

たくさん耳にしてきました。

みなさんならお分かり頂けると思いますが、勿論私もしゃべりません。

鼻の先で笑われるからです。

いままで、どれだけじくじたる思いをしてきた事か、この方の気持ちが

痛いほど分かります。

 

空の会というのはファミリーです。

みんな仲良しです。

ああ、今日も教室、楽しかったという喜びで2時間過ごしたいと

常に、そんな気持ちを持って学びたいと思っています。

 

皆さん、今年もどうぞよろしくお願い致します。

 

九州には紅葉はありません。

山全体を杉、檜という常緑樹が覆っていて一年中緑です。

この写真も11月の写真です。

 

 

過去最大級の台風

過去、少々の台風では前日に東京に入り教室を行ってきましたが

今回は今までの台風と次元が違います。

気象庁も過去の実例で死者行方不明者1200人超の台風に匹敵すると

テレビで報じています。

明日は羽田発着の便は全て欠航、首都圏の在来線も12日は終日運休と

テレビで報じています。

電車もバスも動きません。

このような状況なので明日の教室は26日の土曜日に変更する事にしました。

過去30数年教室を続けてきましたが、台風で変更を余儀なくされたのは

初めての事です。

昨日、夜遅くまでかかって会員様全員に連絡を致しました。

明日は教室は休もうと思っていたという方が何人もおられました。

関東、東海の皆さまの無事を祈るばかりです。

 

秋の気配がすっかり深まってきました。

そして、あっという間に正月を迎え又、ひとつ歳をとります。

門松は冥土の旅の一里塚という言葉があります。

 

人生は電車の車窓に映る景色みたいなものだと言った方がおられます。

一秒ごとに景色が変わり後戻りは出来ません。

人生も同じです。

毎日同じ日はありません。

毎日、一分一秒を大切に生きなくてはと思っています。

 

以前から感じている事ですが、病気やけがを元に戻すのではなく

その前の肉体に人生を巻き戻せばという考え方に行きつきました。

これからも、もっと深く掘り下げたいと考えています。

やっぱり、ふと思う

7月4日に「ふと思う事」というタイトルで投稿しました。

その時九州の台風の被害について述べました。

その直後には関東の台風です。

千葉の方々は災害で大変お気の毒な日々を送っておられます。

 

地球環境の悪化について警鐘を鳴らす番組が連日のように

テレビの画面から流れてきます。

2030年には地球の温度が1,5度上がり30年後には4度上がり

地球が灼熱になるという恐ろしい予測があっていました。

その為、世界の若者が立ち上がり大きなうねりとなっています。

確かに昔と違って一度台風が来ると甚大な被害が出ます。

 

昔から国が発展する事ばかり声高に叫ばれてきました。

その都度なぜ、そんなに発展を追い続けるのか疑問でした。

昔は携帯もなく公衆電話から電話をかけていました。

しかし特段不自由を感じた事はありません。

 

高校生の時修学旅行で東京に行きましたが片道24時間かかりました。

しかし、それが大変だと思いませんでした。

新幹線が出来て目的地に行く時間が飛躍的に短縮されました。

それが今度はリニアモーターカーで、より短縮されます。

なぜ、そんなに急ぐ必要があるのでしょうか?

 

国の発展の裏側に資本家の欲望が絡んでいます。

この負の遺産を我々の孫たちに押し付けるわけにはいきません。

私一人では何の力もありません。

しかし、陰ながら立ち上がった若者たちにエールを送りたいと思います。

 

私は朝から晩まで頭の中はいつも何かを考えています。

その中で『ふと思う』のです。

AIがいくら進歩しても、この人間の持つ、ふと思うという事だけは

真似が出来ません。

日々、ふと思う習慣の中から貴重な情報を得る事が出来るようになりました。

 

全国で空の会の教室を始めて30年が過ぎました。

ちょうど30数年前は気功ブームで書店の棚には気功の本がずらりと並び

いろんな所で気功教室が出来中国から気功の大家と言われる人が日本に

押し寄せました。

しかし時は経ちブームが過ぎ去ると気功の文字が世の中から消えて

行き中国人の気功家も姿が見えなくなりました。

ブームが終わって消え去るというのは世間から必要とされなくなったという

事です。

京都の老舗は100年200年と世間が必要としています。

キリスト、釈迦は何千年という長きに渡り人類から必要とされてきました。

そんな事を毎日ふと思い続けています。

 

数日前も朝起きて、ふと、Aさん大分顔を見ないけど元気にしてるかなあと

思ったらその直後に事務所から連絡があり、Aさんが来月から又、教室に

復帰しますと電話があったとの事でした。

いつも、こんな経験をするのですが、その都度自分を褒めてあげます。

 

『ふと思う』

 

人間にしか出来ず天の教科書を得るひとつの手段かもしれません。

 

我が家の網戸に来客です。

こちらを見ています。

メニュー
浦田紘司著書
気の極意
気の極意

「気」を自在に使いこなす
「気」を自在に使いこなす
過去の記事