天の教科書

やっと朝夕は涼しくなってきました。

しかし、まだ日中は残暑が厳しいです。

地球温暖化のせいでしょうか毎年天変地異が激しさを増している

気がします。

私が子供の頃は夏と言えど、こんなに暑くはなかったし

勿論クーラーなどなく熱中症という言葉もなく夏は夏らしく

冬は冬らしく快適に四季を過ごしてきました。

このままで行くと地球はどうなるのでしょうか?

 

そして人も変わってきたような気がします。

京都では何の落ち度もない沢山の若い命が一瞬に奪われました。

そしてわが子を虐待し命まで奪います。

テレビでは毎日のように事件事故を報じています。

世界でもまれに見る民度の高さを誇る日本人の心がいつの頃か

変わってきました。

由々しき事態です。

 

今、深夜12時近いこの時間帯です。

自宅の周りには車の音どころか何の物音もしません。

シーンと静まり返っています。

こんな環境で何十年と住んでいるので東京の雑踏や人の多さに

恐怖を感じることがあります。

 

私は若いころから物事に心を惹かれる事が何もありませんでした。

この状況は今も続いています。

親に言われるままに小学校3年生の頃より剣道を始め、かれこれ

40数年継続しましたが一度も楽しいと思った事もなく50歳の

頃やめてしまいました。

食べる事にも興味がなく遊興という事にも全く興味がありません。

それは今も継続中です。

只ひとつ心にあるのは不思議な事の探求心だけです。

生まれる前は何処にいたんだろうかとか死んだら何処に行くんだろうかとか

人が聞いたら奇人変人の類だと思います。

しかし私にとっては永遠のテーマです。

 

東京のホテルに永年宿泊していますが最近ティッシュペーパーだとか

アメニティーだとかフロントに電話をしたらAIのロボットが

部屋まで持って来てくれます。

こうやってこれからはAIが人間の代わりをする時代がそこまで

来ています。

 

私は朝から晩まで不思議な事ばかり考えています。

そして、いつの頃からか天からのメッセージをキャッチするようになって

きました。

このキャッチするというのは、ふと思うという事です。

これからもAIが絶対に真似できないのが、この『ふと思う』です。

 

皆さん頭を『空』にしてメッセージキャッチして下さい。

 

もう一つ、約束をするという行為は人間だけだそうです。

人間以外の動物は約束をしないそうです。

こんな事を考えていたら毎日新しい発見に遭遇します。

布団に入って目をつぶったら、ふと思って下さい。

必ずメッセージが届きます。

そして、それが天の教科書と変貌していきます。

今の心境

九州は、又もや大雨です。

私が子供の頃は梅雨時に大雨が降っていましたが

最近の気象状況は昔と様がわりしました。

これも地球温暖化の影響だそうですが、この先地球は

どうなって行くのでしょうか?

 

先日ある教室の方から電話があり、わき腹を強打し痛みが

治まらず肋骨を骨折しているようなので明日病院に行こうと

思っていますとの事でした。

現在の症状を詳しく聞いたところ骨折ではないと判断しました。

そして痛い所に携帯を当て3分間遠隔を致しました。

3分後には痛みが無くなりました。

翌日電話があり、あれから痛みはすっかり消えてぐっすり

眠る事が出来ました、もう病院には行きませんと

弾んだ声が電話の向こうから聞こえてきました。

永年の経験から骨折かそうでないか分かるようになってきました。

来月の教室で詳しく話したいと思っています。

 

いつもどんな修行をしているのですかと、よく聞かれますが

滝行や断食といった修行など全くしません。

つまり肉体の限界に挑戦する修行と気を習得するというのは

全く別物という感覚を持っています。

いつも頭の中にあるのは、キリスト、釈迦といった人達は

如何にして、あの境地に達したのかという疑問ばかりです。

 

もちろん宗教的な思考を皆さんに押し付ける気など全くありません。

日々の生活の中で私の頭の中でいつも思い描いてる事です。

 

これも中途半端な話しで誤解を生んではいけないので

教室で詳しく話したいと思っています。

 

『人智を超える』

 

今、目指している境地です。

 

 

 

 

歳をとるという事

今日は7月30日です。

明日で7月も終わりです。

九州は8月がお盆ですが東京は7月がお盆です。

やはり地域によって色々慣習が違うんだなあと実感致しました。

 

今月もいくつか感動がありました。

10年前に転倒して頭を強打し、それ以来片方の目が二重に見え

何処に行っても治らず苦しんでいますという70代の女性が6月の

教室に参加されました。

教室では治療行為は致しませんが、このような場合色々な方法で

チャレンジしてみるのですが今回も、ある方法を試みてみました。

その結果見え方が正常になり『不思議だ信じられない』と言って

歓喜の声をあげておられました。

そして、もっと良くなりたいと今月の教室で入会をされました。

 

他にもいくつか話があるのですが最近、文字をみるのがおっくうになり

ブログも遠のいています。

昨年眼科で診てもらったら加齢からくる白内障と診断され

その内手術をした方がいいと言われました。

 

そんな事もありブログが滞りますが重要な事は教室で詳しくお話を

していますので8月の教室も楽しみにして下さい。

ふと思う事

やっと豪雨が過ぎ去りました。

今回も九州は大きな被害を受けました。

人間のどんな力を持ってしても自然の驚異には歯がたちません。

まだ、これからも台風、地震と予想も出来ない天変地異に

見舞われる事でしょう。

地球温暖化、これも愚かな人間の起こした結果でしょう。

真摯に受け止める外ありません。

昭和20年30年、我々が子供の頃と何かが違います。

さて、これから人類は何処に向かって歩いていくのでしょう?

 

私はBS放送で毎日古い西部劇を見るのが好きです。

先日ジョンウェィンの映画をやっていました。

白黒で画面に1948年制作と出ていました。

私が生まれた年です。

何だか胸がジンときました。

その中でこんな一言が流れてきました。

『人は何も持たず世に出て何も持たず世を去っていく』

この言葉にも胸がジンときました。

私は若いころから、100円必要な時に100円あればいいと言う

考えをいつも持っていてその考えは今も変わりません。

必要な額以上に求めるから争いが生じたり苦しみが生まれるのではと

思います。

今のセレブという人達は桁違いの財産を持っています。

しかしそれなりの苦悩もあるのでしょう。

持って無い者のひがみと言われるかもしれません。

しかし、あの世に行くときには何も持って行けないのです。

西部劇の一言に心動かされました。

 

昔、石炭で栄えた福岡県の直方市の商店街です。

大関魁皇の出身地です。

これが平日の商店街の姿です。

この景色は全国どこの商店街も同じです。

あるのは結果だけです。

やっと梅雨に入りました。

今日も朝からムシムシしています。

 

先日の福岡教室で一ヶ月の教室が終わりました。

教室では毎回感動を味わっていますが、この感動はブログでは

伝わりません。

 

又、ホームページを見たと言って治療の相談がきますが

空の会と言うのは気を自在に使いこなせるようになるという

勉強会であり治療院ではないし治療行為は致しません。

相手に気を送って体の変化を求めたり相手の脳に入り込んで

意識を変えるという2本柱で学んでいます。

 

この場で色々紹介をすると誤解を招く恐れがあるので詳細は

教室でしかお伝えしません。

 

ある教室で数年前に参加されていた女性が乳癌で亡くなったと

報告がありました。

50代、乳癌の手術をして2年目の事です。

それに対してのコメントはありませんが現代においてもガンは強敵です。

 

最近は病を克服するのではなく病にかかる前の身体に戻すという

事を実践していますが中には劇的に変化する事があります。

いつも言う事ですが、全てにおいてパーフェクトというのは

ありません。

つまり確立の問題です。

この手法については教室で詳しくお伝えします。

 

空の会では三つのコースがあり、それぞれに目的と講義の内容が

異なります。

 

しかし究極は気を習得する事です。

空の会では『能書き』がないから良いと、よく言われます。

つまり理論、理屈など、まったく必要としていません。

気が出るか出ないか、あるのは結果のみです。

安っぽい屁理屈は通用しません。

出来るか出来ないか、あるのは結果だけです。

 

後継者育成講座も着々と準備中です。

 

びわこに行ってきました。

琵琶湖周航の歌で有名な竹生島です。

 

メニュー
浦田紘司著書
気の極意
気の極意

「気」を自在に使いこなす
「気」を自在に使いこなす
過去の記事