良い年になるように!

『九州は大雪とテレビで報じていましたが大丈夫ですか』と

先週、東京教室の方から電話をいただきました。

 

24センチの積雪とテレビのニュースが流れました。

例年九州は雪が少ないのですが、これほどの雪は記憶がありません。

 

地球温暖化の影響で北極の氷が溶けたり、シベリアの永久凍土が

溶けたり天変地異が続いています。

昨年、九州では洪水の被害でたくさんの方が命を失ったり家屋が流されたり

今まで経験しなかった未曽有の危機に陥りました。

 

温室効果ガスにより地球の気温が上昇した影響で色んな被害が出ているため

世界各国の指導者が脱炭素の動きを始めました。

2050年までには100パーセントの脱炭素を実現すると

日本の総理も提言をいたしました。

しかし我々が生きている間には、その効果を確かめる事は出来ないでしょう。

 

コロナに振り回された1年でしたが今年に入っても一向に衰える気配が

ありません。

それどころか福岡にも緊急事態宣言が発出されました。

毎日テレビのニュースに釘付けです。

その為1月の東京教室、京都教室は延期になってしまいました。

教室が開催できないので感動を伝えることが出来ません。

 

本日、京都府がこのような発表を致しました。

『京都府と京都市は17日、新型コロナウイルスに感染していた2人が死亡し

未就学児童から90代までの男女154人が新たに感染したと発表した。

1日当たりの感染者数は8日発表の147人を超え過去最多になり中等症が

1人いるが調査中の13人を除くと軽症か無症状だった。

45人の感染経路が分かっていない。

府内の死者は84人感染者は6875人となった。

死亡した1人は京都市在住の70代男性で基礎疾患の有無が不明。

もう1人は遺族の意向で詳細を公表していない。』

というものでした。

 

私も高齢者なので危険をおかして京都に行く事は出来ません。

もう今は日本全国どこに行っても状況は同じです。

皆さんも気をつけて人との接触を控えて下さい。

 

毎日誰とも会話をする事もなく一日が過ぎていきます。

不要不急の外出を控えるため巣ごもり状態で外に出ると言えば

食材を買うために近くのスーパーに出かけるくらいです。

 

一日中家の中で過ごすので考える時間はたっぷりあります。

しかし残念ながら、これから将来の事とか未来に向けてとか進歩的な発想は

浮かびません。

走馬灯のように浮かんでくるのは過ぎ去った過去の思い出ばかりです。

明治生まれの両親はじめ兄弟姉妹、その連れ合いを含めそのほとんどが他界しました。

もう親父、おふくろの声を思い出せません。

 

私がこの世に生を受ける3年前まで太平洋戦争で悲惨な思いをし戦中戦後の

苦難の時代を生きた人達がたくさんおられ私はその悲惨な経験をすることなく

今日まで生き延てきました。

本当にラッキーな人生でした。

今、新型コロナという疫病に世界が翻弄されています。

これから10年先世の中がどのようになっていくのか想像も出来ません。

 

大きな岩が山から川に流れ落ちて川下に向かう過程では最初角が立って荒々しい

岩が長い年月を乗り越えて川下に近づくにつれ角が取れて丸みを帯びて

行く様が人生の縮図のような気がします。

自分の人生を振り返ってみても同じような気がします。

若い時はとがっていて血気盛んがゆえにたくさん衝突をし摩擦をおこしてきました。

今、考えてみると沢山の人を傷つけたり自分も傷ついてきました。

それが人生というものでしょう。

人は人生という引き出しを持っていて、折に触れその引き出しの奥にある

古い記憶の紙切れを開いて見るのです。

そして、ああ、あの時あんな事をやらなければ良かった、あんな事を言わなきゃ

良かったと過去の記憶に肩を落とします。

もう、そんな事を誰も知る人はいないにも関わらず心がさいなまれます。

しかし、もうこの年になってリセットは出来ません。

とにかくひたすら前を向くしかありません。

 

こんな意味のない事ばかり考えて後悔ばかりが脳裏をよぎるのですが

不思議な事に楽しかった思い出と言うのはあまり浮かんできません。

こんな事を考えるのは私だけでしょうか???

そんな事を思いながらも残された人生を有意義に、そして楽しく生きて

いきたいと思っています。

 

先日ある学者がテレビで興味深い事を言っていました。

老化と言うのは病だそうです。

このような発想を耳にしたのは初めての事なので新鮮でした。

こうやって生きていること事態が不思議なのですから、これから

もっと驚異的な事が起きるかもしれません。

 

我が家の前の道路です。雪国のようでした。

寒さの中でも梅のつぼみが顔を出し始めています。

春の足音が聞えてきそうです。

 

緊急事態宣言

毎日、毎日テレビでコロナのニュースに釘付けです。

東京はいよいよ2000人を超えてしまいました。

 

断腸の思いで1月の東京教室を延期する事に致しました。

今まで永年の間、自然災害にもめげず教室を続けてきましたが

今回ばかりは状況が違います。

無理に決行して何かがあった時に取り返しがつきません。

この分の穴埋めは必ず実施致します。

 

私も一人で家に閉じこもり外出など控えています。

緊急事態宣言が終わり春の訪れと共にコロナが収束する事を願うばかりです。

毎年桜を見るたびに今年も桜を愛でる事が出来て良かったと熱い気持ちに

なるのですが今年はどんな春になるのか、まさに神のみぞ知るという心境です。

 

どうぞ皆さんもお体に気をつけて春を迎えましょう。

 

九州は昨日から大雪です。

 

今年の日本は何処へ進むのか?

おめでとうございますの言葉を発する心境にならず、ずるずると三が日が

終わってしまいました。

昨年の正月に、このような年になるなど誰が予想したでしょうか?

ダイヤモンドプリンセスの集団感染に始まりコロナに翻弄された1年でした。

それでも毎月怯えながら東京、京都に向かいました。

前回、戦地に向かう兵士の心境だと述べました。

先週東京で1330人の感染者が出たとニュースで報じていました。

年末で忘年会や会食を行った結果でしょう。

先週53歳の働き盛りの現職国会議員が発熱した為PCR検査を受けようと病院に

行く途中で亡くなりました。

明日から日常が戻ってきますが年末年始の結果がどのようになるか心配です。

今週は東京ですが、どのような状況になるか想像もつきません。

感染者が増えてくれば教室の継続も困難になりますし空の会の存在も危うくなります。

1都3県の飲食店の営業が明日から夜8時までと合議したとニュース速報で流れていました。

 

年末九州も雪が降りました。

エネルギーの爆発

早いものでテレビではジングルベルの曲が流れてきました。

昨年の今頃コロナに翻弄されてる、今の日本の状況を誰が予測出来たでしょうか?

世の中というのは人間の思いもよらない状況が突然起きるものです。

 

太平洋戦争は一部の人間の間違った指導の元、大変な数の日本人の尊い命が奪われました。

しかしコロナは誰にも責任はありません。

そして、これからいつ収束するのか先が見えないのです。

 

今日、東京の感染者が遂に600人を超えたとテレビが報じていました。

明後日、東京教室ですが冬の早朝、東京に向かうのが大変になってきたので

明日、東京に向かい前泊する事にしました。

 

65歳以上の高齢者で基礎疾患を持ってる人の東京発着は自粛して下さいと

テレビで報じていました。

私は72歳、心臓に問題を抱えています。

そんな中、毎月東京に出かけてきました。

今回、過去最多の感染者が出たとアナウンサーが何度も報じていました。

これまでも毎回、恐怖を感じながら東京に向かいましたが今回も心の片隅に

恐怖を抱きながら東京に向かいます。

 

いわば、戦地に向かう戦士の心境です。

東京で戦死するか、はたまた生きて復員するか、そんな心境です。

 

このようにいつも心は揺れ動いていますが、生徒の皆さんは秋田、新潟など

遠方から参加してくださるので勇気を振り絞って東京に向かいます。

 

前回、出力100倍に達した人が7人になったと書きました。

詳細はここで紹介できませんが、100倍になったとたん身体の中の

エネルギーが大きく増大して何もしないのに、バチンと大きな音がして

なんとアキレス腱が切れてしまいました。

メンバーの中に整骨院の治療家がいて足を触ってみると確かにアキレス腱が

切れてるとの事でした。

しかし痛みは全くありません。

翌日、病院にいって診てもらったら確かに切れてるとの事でした。

何度も言うように軽自動車のボディーに3000ccのエンジンを乗せるような

もので、その強大なエンジンに耐えられるボディーを備えているかが大きな

課題です。

ダムが大水で増水した時には水を放水しなければ決壊します。

それと似たような気がします。

 

明後日、東京教室で詳細を伝えます。

何事もバランスが大切。

山は暮れて野は黄昏の芒かな

                                                  蕪村

 

秋も深まってきましたが、ここ数日は夏の終わりのような気温です。

全国各地の紅葉が毎日テレビで報じられていますが九州では紅葉を見る事は

あまりありません。

戦後焼け野原となった日本を復興させる為に九州の山野で杉、檜の植林が

盛んに行われ見える山野は常緑樹で一年中緑一色です。

 

さて日本各地で毎日コロナが猛威を振るっています。

 

10月末にグッと冷え込んだ日があって油断をしたために風邪をひいてしまいました。

熱はなかったのですが10日間ほど咳と鼻水に悩まされました。

人との接触はないのでコロナの心配はなかったのですが毎日の食事の買い出しが

大変で、この状態が10日ほど続きました。

事務局からは毎日事務連絡の電話がくるのですが土、日に電話が来ることは

あまりなく日頃は誰からも電話がかかってくる事もないので毎日の生活の中で

突然命にかかわるようなアクシデントがあったらとか、ふっと考えていました。

ネガティブ発想ではなく現実であり、これからもその状態は変りません。

私も生身の体であり、3ヶ月後は73歳前期高齢者です。

強がりを言っても何の意味もありません。

年齢が進むにつれて色んな事が起きるし、これが人生というものです。

 

その真っただ中、早朝6時に家を出て真っ暗い無人駅から博多駅に向かい、

博多駅から地下鉄で空港に行き東京に向かいました。

東京に着いて教室を行い翌日は群馬で特選会を行いました。

特選会では出力100倍に達した方が7名になりました。

これは本当にすごい事です。

この事については教室で詳しく話したいと思います。

 

そして9日の深夜11時に東京から無事我が家に戻りました。

真っ暗な部屋の電気をつけ先ず荷物をほどきホット一息つきました。

そして風呂を沸かし体を温めました。

喉が乾いたので風呂上がりにビールを飲もうと思いましたが

おかずは何もありません。

空港から博多駅に向かい在来線で帰宅するのですが博多駅で何か食べる

物を買って帰ろうと思いましたが10時を過ぎたらどこの店もクローズ

しており居酒屋かコンビニしか開いてません。

居酒屋なんかに寄っていたら終電に乗り遅れます。

タクシーで自宅に帰ったら一万円以上かかります。

小腹が空いたのでカップラーメンを流し込みました。

 

カップラーメンは東日本と西日本で味付けが違うのをご存知ですか

東京で食べるカップラーメンと九州のカップラーメンは味覚が違います。

勿論九州の味が好きです。

 

今日はラーメンの話をしたいと思います。

小学校4年生の時初めて即席ラーメンという物を食べました。

その時食べたのはマルタイ棒ラーメンという物でした。

その時、世の中にこんな美味しいものがあるのかと感動したのを昨日の事の

ように鮮明に記憶しています。

その時代、田舎ですから近くにラーメン屋などありません。

それからは即席ラーメンのとりこになりました。

しかし即席ラーメンと言えどもその時代は高級品でした。

今度はいつ食べることができるのか待ち遠しかったのを覚えています。

その銘柄は今でもスーパーの店頭に並んでいますが世の中が健康志向に

変化していきマルタイ棒ラーメンは25パーセント減塩になってしまい

味が落ちてしまいました。

しかし現在のカップラーメン市場は選び放題でうまいカップラーメンに

出会った時は至福の時です。

 

カップラーメンは身体に悪いという人がいますが、それは偏見です。

カップラーメンの中に身体に悪いものなど入っていません。

 

以前日清食品の特番をテレビで報じていました。

番組の中で『身体に悪いものなど何もはいっていません』と日清食品の社員が

声を大にして訴えていました。

日清食品の創始者、安藤百福さん(1910~2007)は生涯ラーメンを

食べまくり97歳で大往生されました。

日清食品は今や世界にインスタントラーメンを普及させた大企業です。

 

世の中に、ベジタリアン、ビーガンという生き方を実践している人がいます。

野菜以外、肉など全く食べないという人達です。

先日ビーガンを実践している人の特集をテレビで報じていました。

ビーガンの熱狂的な実践者です。

ある時、突然意識不明に陥り、その後回復しましたが命を落とすところでした。

つまり栄養不足です。

筋肉を作るタンパク質などが摂取出来てないのです。

心臓も心筋といって筋肉で出来ています。

 

昔の事ですが若い頃長年、薬業界に身を置き病院周りをしてドクターに薬を

紹介、販売するという仕事をしていました。

医薬品販売をするため入社後は医療の知識を得るため毎日特訓を受けました。

数十年経った今でも、その知識は頭の中に叩き込まれています。

そして、その経験が今の仕事にも大きく役にたっています。

教室での病気に関するたいがいの質問には答える事が出来

人生に無駄はないなあと、つくづく実感しています。

 

その経験から思っている事を述べたいと思います。

某ドクターが

『血圧の薬を服用したら認知症になる』

『この薬がボケを生む』

という本を書いています。

勿論、本当の事です。

 

物事には必ず 光と影、陰と陽、表と裏があります。

薬も作用、副作用があるのです。

例えば高血圧の人に薬を飲んだら認知症になるぞと言われても

今現在180、190という高血圧を抱えている人が薬を止めたら

大変、危険な状態になります。

これから冬に向かい、ある時突然脳の血管が切れて脳溢血になったら命を失います。

又、欠陥が詰まって脳梗塞になったら半身が麻痺し日常生活が出来なく

なり、その後の人生が生ける屍みたいになってしまいます。

ですから、とにかく今、高い血圧を下げなくてはいけません。

この著者の本を見て実践した結果重篤な状態になっても著者には何の

責任もありません。

しかし私がもっと危惧するのは、こんな本を読んで医者でもないのに、この話を

他人に勧める事です。

もし、その事を信じた人が血圧の薬を止め、脳溢血、脳梗塞になった場合

その家族から大変な攻めを追う事になります。

ヘタをすると医師法違反で処罰を受けることになるかもしれません。

とにかく医者ではないのに大変危険なことを勧めていけないのです。

いづれにしても国家資格を持ってない人は医療に関する事には

関わってはいけないのです。

現在医師法、薬事法では非常に厳しい監視の目が向けられています。

 

毎回、教室であった感動や衝撃的な出来事をブログで報告したいのですが

このような、差しさわりがあって書けないのです。

 

毎日の食事や生き方にしても大切なことは偏らないという事です。

食事にしても肉、魚、野菜をまんべんなくとるという事が大切です。

つまり何事もバランスが最も大切であり、柔軟な姿勢が大事なのです。

 

今、九州で大人気の豚骨ラーメンです。店で食べるラーメンにひけをとりません。

メニュー
浦田紘司著書
気の極意
気の極意

「気」を自在に使いこなす
「気」を自在に使いこなす
過去の記事