楽しい事を!

ひな祭りも終わり少しずつ暖かい春の日差しが見えてきましたが

九州は朝から冷たい雨が降っています。

 

今週土曜日は東京教室です。

そして翌日の日曜日は実技講習会です。

今回もたくさんの参加者です。

一般の教室と違い2時間みっちり実技を学びます。

 

先日ある教室で30代の男性の脳の中に入り込み、どれくらいまで年齢を

さかのぼれるか実験をして1歳児くらいまで退行を行ったところハイハイ

しか出来なくなりバブバブしか言えなくなったと書きました。

そして彼に、その時の感想を聞いてみたところ思考は30歳だけど肉体は

1歳児になっていて、そのギャップが苦しかったという事でした。

大変興味深い現象で今後もっと深く入り込んでいくと肉体の改造や老化の

速度を遅らせる事が出来るかもしれません。

これから何人かモデルになって実験を試みたいと思っています。

例えば50代60代の女性が老化してゆく肌を見ながら過ぎ去った20代の頃の

みずみずしい肌を懐かしく思い浮かべるかもしれません。

退行することで、まず老化の速度を遅くしたり願わくば10年前20年前に

戻れたらどんなに素晴らしい事でしょう。

これらの現象を催眠術ととらえる人がいるかもしれませんが

私は催眠術を習った事も勉強した事もないので催眠術がどんなものなのか

全く分かりません。

すべて天の教科書からの情報であり、その情報のままに実践しているだけです。

そんなのあり得ないと思う人がいると思いますが、それはそれでいいのです。

しかし空の会の方達はあり得ない事にチャレンジする人たちの集まりです。

そして、これが100の内ひとつでも現実になればどんなに楽しい事でしょう。

電気の発明、電話の発明等々あり得ない事が、ある時現実となるのです。

 

若いころ固定電話と公衆電話しかない時代、いずれ名刺入れくらいのサイズの

電話が出来て、いつでも、どこでも電話をかける事が出来る時代がくるだろうと

思っていましたが現実のものになりました。

そして名刺入れのサイズの翻訳機が出来て英会話学校にいく必要が無くなるだろうと

思っていましたが、これも現実のものになってきました。

 

猿たちのように動物は言語を発しません。

しかし意念で情報交換をします。

人間も言葉を持たない太古の時代は恐らく猿たちと同じような情報交換を

行っていたのではないでしょうか。

その時代に退行できれば携帯もいらないし翻訳機もいらない

そんな時代に戻れるかもしれません。

そんな事が出来たら、ただ楽しいのです。

 

知らない人から見たら変人と思われるかもしれません。

しかし、こんな夢みたいな情報を天の教科書が教えてくれます。

教科書代もいりません。

書店に足を運ぶ必要もありません。

いつでもどこでも手に入ります。

特選会、講習会では教科書を手に入れる方法を伝えたいと思っています。

 

土曜日は東京教室です。

朝6時の電車で福岡空港に向かうのですが早朝の為、最寄りの無人駅には誰もいません。

ある日の東京教室です。

心機一転

もう、梅も散ってしまい桜の便りが届くようになりました。

早いもので明日から3月です。

 

15日にめでたく???71歳になりました。

近年、何をするにも面倒くさくなりパソコンのキーボードにも

中々手が伸びなくなりました。

他にも新聞や雑誌の活字を追っかけるのがおっくうになりました。

こうやって歳をとる毎に段々とやる気が失せていくのかなあと実感しています。

同じ年齢の方から、それが歳をとるという事ですよと言われました。

 

先日90歳まで続けるとブログに書いたら、以前は75くらいで辞めると

ネガティブな事を言っていたのに急にどうしたのですかと、ある教室で

言われました。

それと、良かったあ、安心したと言われました。

考えてみると有り難い事です。

高齢者になって毎日ゴールデンウイークの人から見れば、こんなに

幸せな事はありません。

この歳になって、まだ人様から必要とされる事に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

先日、ある教室の方から連絡があり2~3日前から胸が痛いので病院でレントゲンを

撮ったら肺に影があるとの事で助けて欲しいと40代の女性から電話がありました。

その後、彼女と会い胸に気を送って翌日再度病院でレントゲンを撮ったら影が

消えていてドクターも不思議がってたそうです。

病名は肺炎だったそうですが、実は肺がんの疑いもあったと言われたそうです。

今は痛みも消えて普通の状態に戻ったとの事です。

 

去年から年齢退行を行うことで病気になる前の身体に戻すと体が健康な

時の状態に戻る事を発見しました。

先日ある教室で30代の男性の脳の中に入り込み、どれくらいまで年齢を

さかのぼれるか実験をして1歳児くらいまで退行したところハイハイしか

出来なくなり言葉もバブバブしか言えなくなりました。

その後、彼に状況を聞いてみたところ頭は30歳だけど肉体は

1歳児になっていて、そのギャップが苦しかったという事でした。

大変興味深い現象で今後もっと深く入り込んでいくと肉体の改造が出来るかも

しれません。

勿論、目的は病気になる前の身体に戻す事です。

例えば難病のジストニア、ギランバレー、トゥレット症候群といった

不随意運動、つまり自分の意思でコントロール出来ない体の動きにも

対応出来るかもしれません。

この病は現代医学では不治の病なのです。

又、人間の永遠の憧れである若返りもうまくいけば出来るかもしれません。

そして20代の頃のみずみずしい肌を取り戻せるかもしれません。

そうなれば夢の世界です。

 

このようにあらゆる手を尽くして病から脱却し肉体を改造する

方法を模索していきたいと思っています。

しかし、このように幼児返りのような現象が表れるのは7割くらいです。

残念ながら3割くらいの人は、こういう現象は表れにくいのです。

よく素直ではないからでしょうかと聞かれますが、そうではありません。

実際本当の所はよく分からないのです。

しかし、この3割くらいの人達も空の会に通っておられる間にいつの間にか

7割の仲間に入るようになっていきます。

 

いずれにしても90歳まで続けると決めたからには、それなりの覚悟を

もって臨まなくてはなりません。

それにはストレスを減らし日々快適な状況を作らなければなりません。

又、これからは私に残された時間を有効に使わなければなりません。

例えば空の会の規約に教室では治療行為は致しませんと、うたっていますが

体験と称して治療行為を求める人が後を絶ちません。

教室の2時間は皆さんの貴重な共有の時間です。

一個人の為に使う事は出来ません。

今後は初心に返って体験の方の治療行為は固くお断りします。

一分一秒を大切にしなければなりません。

 

3月の教室の翌日は実技講習会です。

今回も奥深い所の技をお伝えする予定です。

 

 

10年ほど前水戸黄門に出演しました。

長い人生、苦しい事や嫌な事もありましたが、こんな面白い事もありました。

地元の商店街ではひな祭り一色です。

 

今日の昼食です。ここのごぼ天うどんと味ご飯がうまいのです。

文化の違い

随分暖かくなりました。

北陸、東北、北海道では豪雪のニュースをテレビが報じています。

年寄りは冬は暖かい所がいいと昔、よく耳にしましたが、いざ自分が

その歳になってみると身に沁みて感じます。

やっぱり九州は暖かくていいです。

 

今週は東京教室、名古屋教室です。

先日新年の挨拶をしたと思ったら、もう節分です。

そして来週は又、ひとつ歳をとります。

 

前回90歳まで続けると宣言を致しました。

勿論、覚悟の事です。

そして90まで細く長く続けるためには、それなりの対応を

しなければなりません。

まず、ストレスを少なくして常にリラックス出来る環境を

整えなければなりません。

その第1弾としてヒーリングは会員さんのみと致しました。

今まで長きに渡って会員さん以外の方のヒーリングを行い何度も

不快な思いをし、問題をたくさん抱えました。

もうこのような状況から脱皮しなければなりません。

今のご時世、どこにでもモンスターがいます。

君子危うきに近寄らずです。

他にも4月から改訂する事項が色々あります。

詳細は教室でお話しします。

 

今年は初心に帰って基本からヒーリングの技法をお伝えしようと

思っています。

 

先日NHKのドキュメントで面白い番組をやっていました。

内容はというと日本には日本人と京都人という2種類の人種が住んでいる

という事でした。

京都に関わった事のない方は理解できないと思いますが

私は京都に関わって20年以上になるのでよく理解できます。

京都という所は独特の文化を持った所なので外から来た人には

理解出来ない世界なのです。

京都にはおもてなしと言って表の言葉を聞かずに、その裏に

隠れている言葉を理解せよと京都の年寄りから聞かされました。

『お宅のおじょうちゃんピアノ上手にならはったなあ』

これは表の言葉です。

しかし裏はピアノの音がうるさいという事だとテレビで言ってました。

だから本音をダイレクトに言わない文化なのです。

しかし私は生まれつきの九州人ですから、こんなややこしい

世界には住めませんし京都に永住する事もないので

理解するつもりなどありません。

だから京都は観光に行く所で住む所ではありませんとよく

言われる意味が良く分かります。

しかし観光に行くにはとっても良い所で私が大好きな所です。

昨夜のテレビでは祇園の花街に外国人が大挙して押し寄せ大変迷惑

しているという現状に苦々しい思いをしている京都人が外国人は

もう来ないで欲しいとコメントをしていました。

政府は今後ビザの発給を緩和し4000万人の外国人観光客を

日本に招くと言っています。

さてこれから日本の観光地はどう対応していくのでしょうか。

 

私の住んでる地域は観光客どころか昼でも人がいませんし平和です。

商店街などシャッターばかりです。

イオンでも平日の昼は、ほとんど人がいません。

やはり老後は静かな田舎町に住むのが幸せかなあと思いました。

 

京都文化博物館で月曜以外毎日昔の映画を上映しています。

私は、小津安二郎監督、木下恵介監督の作品が好きで時間があればいつも

見に言ってます。

細く長く!

今日は2月3日、節分です。

九州は朝から弱い雨が降っています。

しかし肌を刺すような寒さではなく春がもうそこまでという気温です。

先ほど沖縄の友人に電話をかけたら、もう半袖で暮らしてると言ってました。

 

2~3日に一回ブログを見てるという話をよく耳にします。

私も本当は2~3日に一度のペースで書き込みをしたいのですが

残念ながら、そうそう新しいネタはありません。

しかし、それなら長文ではなく1行でも2行でも短くて良いので回数を

増やしてくれたらというご意見を頂いたので一度そうしてみようと思っています。

来週71歳になりますが前回書いたように90歳まで教室を続けようと

思っています。

細く長く続けるには頑張らない事です。

最近はかなりペースダウンしました。

気力、体力を温存しなければなりません。

教室はこれまで通りのペースで続けますが、ヒーリングは会員様だけに

限定することにしました。

会員様のご家族に関しては、よく話し合って決めようと思っています。

 

年賀状も5年ほど前から虚礼廃止に致しました。

携帯の登録も半分ほど削除致しました。

今後は細く長く活動するために枯れ木を取り払うように身軽に

しなければなりません。

教室も4月から少し内容を変えようと思っています。

 

ブログに毎回登場する東京教室のKさん

自転車こぎを半年前まで100回こぐのが精一杯でしたが先日のメールで

8000回達成したと報告がありました。

そして、今は人を癒す事に燃えていますという内容でした。

感動致しました。

 

私の願いは私のコピーを作る事です。

そして願わくば私を超えていただく事です。

その内に天の教科書が手に入る事を願っています。

 

いつもは誰もいないホームに久しぶりに乗客がいました。

この時平日の午前11時です。

何でもない事の喜び

 

本日、免許の更新に行ってきました。

18歳で免許をとって10回くらい更新をしてきました。

昨年、更新の前の高齢者講習を受けて今日更新をしてきましたが

悲しい事に70歳を過ぎると過去5年間無事故無違反でもゴールドでは

なく青い免許証で次回の更新は3年後です。

おまけに75を過ぎると認知症の検査などがあり高齢者の看板が背中に

重くのしかかってきます。

今日は本当に高齢者になったという現実を受け入れざるを得なくなりました。

 

『子供叱るな来た道じゃ、年寄り笑うな行く道じゃ』という言葉があります。

 

これからは100年生きる時代が来るそうです。

高齢者の方達の話を聞いていたら長生きしても生きる意味がないと

いうお年寄りがたくさんいます。

朝起きて朝飯食って、昼になったら昼飯食って、夜になったら晩飯食って寝るだけ

毎日その繰り返し、後はお迎えを待つだけで何のために生きてるのか分からない

という話をよく聞くようになりました。

 

そんな言葉を聞くたびに今の自分の生活がどれ程恵まれてるか、どれ程幸せか

考えさせられると共に、もっと感謝をしなければと痛感いたしました。

朝起きて目が見える、耳が聞こえる、声が出る、手が動く、足が動く

何でもない普通に出来る事の有り難さを身をもって感じています。

今の生活に何の不平も不満もありません。

特別長生きしたいとも思いません。

しかし少しだけ神様が力を与えて下さいました。

 

90歳まで教室をやろうと思うようになってきました。

もちろん頑張ろうとは思いません。

 

行く雲、流るる水

 

淡々と飄々と生きていこうと思っています。

 

新年に当たって今年の目標を教室で皆さんに告げました。

続きは2月の教室で!

 

我が家の梅も満開です。

 

突然、梅の木に雪が舞ってきました。

 

 京都平安神宮

メニュー
浦田紘司著書
気の極意
気の極意

「気」を自在に使いこなす
「気」を自在に使いこなす
過去の記事