過去最大級の台風

過去、少々の台風では前日に東京に入り教室を行ってきましたが

今回は今までの台風と次元が違います。

気象庁も過去の実例で死者行方不明者1200人超の台風に匹敵すると

テレビで報じています。

明日は羽田発着の便は全て欠航、首都圏の在来線も12日は終日運休と

テレビで報じています。

電車もバスも動きません。

このような状況なので明日の教室は26日の土曜日に変更する事にしました。

過去30数年教室を続けてきましたが、台風で変更を余儀なくされたのは

初めての事です。

昨日、夜遅くまでかかって会員様全員に連絡を致しました。

明日は教室は休もうと思っていたという方が何人もおられました。

関東、東海の皆さまの無事を祈るばかりです。

 

秋の気配がすっかり深まってきました。

そして、あっという間に正月を迎え又、ひとつ歳をとります。

門松は冥土の旅の一里塚という言葉があります。

 

人生は電車の車窓に映る景色みたいなものだと言った方がおられます。

一秒ごとに景色が変わり後戻りは出来ません。

人生も同じです。

毎日同じ日はありません。

毎日、一分一秒を大切に生きなくてはと思っています。

 

以前から感じている事ですが、病気やけがを元に戻すのではなく

その前の肉体に人生を巻き戻せばという考え方に行きつきました。

これからも、もっと深く掘り下げたいと考えています。

やっぱり、ふと思う

7月4日に「ふと思う事」というタイトルで投稿しました。

その時九州の台風の被害について述べました。

その直後には関東の台風です。

千葉の方々は災害で大変お気の毒な日々を送っておられます。

 

地球環境の悪化について警鐘を鳴らす番組が連日のように

テレビの画面から流れてきます。

2030年には地球の温度が1,5度上がり30年後には4度上がり

地球が灼熱になるという恐ろしい予測があっていました。

その為、世界の若者が立ち上がり大きなうねりとなっています。

確かに昔と違って一度台風が来ると甚大な被害が出ます。

 

昔から国が発展する事ばかり声高に叫ばれてきました。

その都度なぜ、そんなに発展を追い続けるのか疑問でした。

昔は携帯もなく公衆電話から電話をかけていました。

しかし特段不自由を感じた事はありません。

 

高校生の時修学旅行で東京に行きましたが片道24時間かかりました。

しかし、それが大変だと思いませんでした。

新幹線が出来て目的地に行く時間が飛躍的に短縮されました。

それが今度はリニアモーターカーで、より短縮されます。

なぜ、そんなに急ぐ必要があるのでしょうか?

 

国の発展の裏側に資本家の欲望が絡んでいます。

この負の遺産を我々の孫たちに押し付けるわけにはいきません。

私一人では何の力もありません。

しかし、陰ながら立ち上がった若者たちにエールを送りたいと思います。

 

私は朝から晩まで頭の中はいつも何かを考えています。

その中で『ふと思う』のです。

AIがいくら進歩しても、この人間の持つ、ふと思うという事だけは

真似が出来ません。

日々、ふと思う習慣の中から貴重な情報を得る事が出来るようになりました。

 

全国で空の会の教室を始めて30年が過ぎました。

ちょうど30数年前は気功ブームで書店の棚には気功の本がずらりと並び

いろんな所で気功教室が出来中国から気功の大家と言われる人が日本に

押し寄せました。

しかし時は経ちブームが過ぎ去ると気功の文字が世の中から消えて

行き中国人の気功家も姿が見えなくなりました。

ブームが終わって消え去るというのは世間から必要とされなくなったという

事です。

京都の老舗は100年200年と世間が必要としています。

キリスト、釈迦は何千年という長きに渡り人類から必要とされてきました。

そんな事を毎日ふと思い続けています。

 

数日前も朝起きて、ふと、Aさん大分顔を見ないけど元気にしてるかなあと

思ったらその直後に事務所から連絡があり、Aさんが来月から又、教室に

復帰しますと電話があったとの事でした。

いつも、こんな経験をするのですが、その都度自分を褒めてあげます。

 

『ふと思う』

 

人間にしか出来ず天の教科書を得るひとつの手段かもしれません。

 

我が家の網戸に来客です。

こちらを見ています。

天の教科書

やっと朝夕は涼しくなってきました。

しかし、まだ日中は残暑が厳しいです。

地球温暖化のせいでしょうか毎年天変地異が激しさを増している

気がします。

私が子供の頃は夏と言えど、こんなに暑くはなかったし

勿論クーラーなどなく熱中症という言葉もなく夏は夏らしく

冬は冬らしく快適に四季を過ごしてきました。

このままで行くと地球はどうなるのでしょうか?

 

そして人も変わってきたような気がします。

京都では何の落ち度もない沢山の若い命が一瞬に奪われました。

そしてわが子を虐待し命まで奪います。

テレビでは毎日のように事件事故を報じています。

世界でもまれに見る民度の高さを誇る日本人の心がいつの頃か

変わってきました。

由々しき事態です。

 

今、深夜12時近いこの時間帯です。

自宅の周りには車の音どころか何の物音もしません。

シーンと静まり返っています。

こんな環境で何十年と住んでいるので東京の雑踏や人の多さに

恐怖を感じることがあります。

 

私は若いころから物事に心を惹かれる事が何もありませんでした。

この状況は今も続いています。

親に言われるままに小学校3年生の頃より剣道を始め、かれこれ

40数年継続しましたが一度も楽しいと思った事もなく50歳の

頃やめてしまいました。

食べる事にも興味がなく遊興という事にも全く興味がありません。

それは今も継続中です。

只ひとつ心にあるのは不思議な事の探求心だけです。

生まれる前は何処にいたんだろうかとか死んだら何処に行くんだろうかとか

人が聞いたら奇人変人の類だと思います。

しかし私にとっては永遠のテーマです。

 

東京のホテルに永年宿泊していますが最近ティッシュペーパーだとか

アメニティーだとかフロントに電話をしたらAIのロボットが

部屋まで持って来てくれます。

こうやってこれからはAIが人間の代わりをする時代がそこまで

来ています。

 

私は朝から晩まで不思議な事ばかり考えています。

そして、いつの頃からか天からのメッセージをキャッチするようになって

きました。

このキャッチするというのは、ふと思うという事です。

これからもAIが絶対に真似できないのが、この『ふと思う』です。

 

皆さん頭を『空』にしてメッセージキャッチして下さい。

 

もう一つ、約束をするという行為は人間だけだそうです。

人間以外の動物は約束をしないそうです。

こんな事を考えていたら毎日新しい発見に遭遇します。

布団に入って目をつぶったら、ふと思って下さい。

必ずメッセージが届きます。

そして、それが天の教科書と変貌していきます。

今の心境

九州は、又もや大雨です。

私が子供の頃は梅雨時に大雨が降っていましたが

最近の気象状況は昔と様がわりしました。

これも地球温暖化の影響だそうですが、この先地球は

どうなって行くのでしょうか?

 

先日ある教室の方から電話があり、わき腹を強打し痛みが

治まらず肋骨を骨折しているようなので明日病院に行こうと

思っていますとの事でした。

現在の症状を詳しく聞いたところ骨折ではないと判断しました。

そして痛い所に携帯を当て3分間遠隔を致しました。

3分後には痛みが無くなりました。

翌日電話があり、あれから痛みはすっかり消えてぐっすり

眠る事が出来ました、もう病院には行きませんと

弾んだ声が電話の向こうから聞こえてきました。

永年の経験から骨折かそうでないか分かるようになってきました。

来月の教室で詳しく話したいと思っています。

 

いつもどんな修行をしているのですかと、よく聞かれますが

滝行や断食といった修行など全くしません。

つまり肉体の限界に挑戦する修行と気を習得するというのは

全く別物という感覚を持っています。

いつも頭の中にあるのは、キリスト、釈迦といった人達は

如何にして、あの境地に達したのかという疑問ばかりです。

 

もちろん宗教的な思考を皆さんに押し付ける気など全くありません。

日々の生活の中で私の頭の中でいつも思い描いてる事です。

 

これも中途半端な話しで誤解を生んではいけないので

教室で詳しく話したいと思っています。

 

『人智を超える』

 

今、目指している境地です。

 

 

 

 

歳をとるという事

今日は7月30日です。

明日で7月も終わりです。

九州は8月がお盆ですが東京は7月がお盆です。

やはり地域によって色々慣習が違うんだなあと実感致しました。

 

今月もいくつか感動がありました。

10年前に転倒して頭を強打し、それ以来片方の目が二重に見え

何処に行っても治らず苦しんでいますという70代の女性が6月の

教室に参加されました。

教室では治療行為は致しませんが、このような場合色々な方法で

チャレンジしてみるのですが今回も、ある方法を試みてみました。

その結果見え方が正常になり『不思議だ信じられない』と言って

歓喜の声をあげておられました。

そして、もっと良くなりたいと今月の教室で入会をされました。

 

他にもいくつか話があるのですが最近、文字をみるのがおっくうになり

ブログも遠のいています。

昨年眼科で診てもらったら加齢からくる白内障と診断され

その内手術をした方がいいと言われました。

 

そんな事もありブログが滞りますが重要な事は教室で詳しくお話を

していますので8月の教室も楽しみにして下さい。

メニュー
浦田紘司著書
気の極意
気の極意

「気」を自在に使いこなす
「気」を自在に使いこなす
過去の記事